2008年における無線基地局の売上は急激に減少

株式会社グローバル インフォメーション 2008年10月29日

From DreamNews

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバル インフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、米国調査会社In-Stat発行の最新英文調査報告書「Worldwide Cellular Base Station Forecast Driven by Data」の販売を開始いたしました。
米国の市場調査会社In-Statが発行した報告書「Worldwide Cellular Base Station Forecast Driven by Data」によると、世界における基地局出荷台数は2007年において目覚しかったものの、2008年の実績は非常に弱いものとなっています。2007年の市場は、インド、アフリカおよび中国における多数の新規加入者に牽引され、多くの新しい3Gネットワークが世界中で展開され、GSM加入者は急速に増加しました、と同社は述べています。しかしこれらの動向は、今年の世界における基地局出荷台数が、2007年と比較して激減することを防ぐことは出来ないでしょう。同社のアナリストAllen Nogee氏は、「新しい3Gネットワークの展開は続いており、T-Mobileなどいくつかのオペレーターは全く新しいWCDMAタイプのネットワークを展開しています。しかし、世界経済は低迷しており、途上地域において急速に成長しているとはいえ、GSM加入者の成長は減速し始めています。また、ワイヤレスブロードバンドの利用は成長しているものの、オペレーターにとっては継続した基地局増加を生み出すほど充分な成長とはなっていません。」と述べています。同書による調査結果:・中国およびインドにおける携帯電話需要は、GSM基地局の売上を長い間好調に保っている。
・WCDMA基地局の出荷台数は2011年までにGSMタイプ基地局の出荷台数を上回る見込み。
・2009年はTD-SCDMA基地局の出荷台数が急激に増加する見込み。


【 英文市場調査報告書 】Worldwide Cellular Base Station Forecast Driven by Data世界のセルラー基地局:市場予測 (リンク ») 【 本件に関するお問合せ先 】株式会社グローバル インフォメーション〒215-0004 川崎市麻生区万福寺 1-2-3アーシスビル 7階担当: 営業1課E-mail:sl1@gii.co.jp電話: 044-952-0102FAX: 044-952-0109

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから