【派遣ジョブ調査報告】 派遣で働くメリット・デメリットとは?

デメリットよりメリットが上回る!好都合な働き方 「派遣」

株式会社オピニオン 2008年10月30日

派遣のお仕事サイト「派遣ジョブ」(http://hakenjob.com/)では、毎月定期的にアンケートを実施しています。今回は、「派遣で働くメリット・デメリット」について聞きました。集計結果は次のとおりです。

【 テーマ 】派遣のメリット・デメリット
【 調査方法 】派遣ジョブWEB上でのアンケート調査
【 調査期間 】2008年9月1日~9月30日
【有効回答数】410 (内訳:女性76% 男性24%)
【 年 齢 】29歳以下 39%/30-39歳/38% 40歳以上 23%
【派遣の経験】あり63%/なし35%/無回答3%


<調査報告>

「派遣」で働くメリットとして上位に上がったのは、“自分の時間をコントロールでき”たり、“合わない仕事は更新時に辞められる”、といった <好都合な働き方>でした。その一方で、デメリットでは“ボーナスがでない” “仕事がなくなるかもしれないという将来の不安がある”が上位を占めました。そこで、このメリットとデメリットの割合を聞いたところ、実際に派遣の就業経験がある人のほうがメリットを上回る結果となりました。


■派遣のメリット1位「自分の時間をコントロールできる」 2位「合わない仕事は更新時に辞められる」

派遣で働く「メリット」を、実際に派遣で働いたことのある人だけで集計したところ、「自分の時間をコントロールできる」が1位。次いで「合わない仕事は更新時に辞めることができる」「いろんな仕事・会社を経験できる」の順で多かった。
また、年代別の1位をみると、29歳以下と40歳以上が「自分の時間をコントロールできる」で、30代では「合わない仕事は更新時に辞めることができる」だった。

■派遣のデメリット1位「ボーナスがでない」 2位「仕事がなくなるかもしれないという将来の不安」

派遣で働く「デメリット」を、こちらも上記同様に実際に派遣で働いたことのある人だけで集計したところ、「ボーナスがでない」が1位。次いで「仕事がなくなるかもしれないという将来の不安がある」「正社員に比べて年収が少ない」の順だった。年代別の1位では、29歳以下と40歳以上が「仕事がなくなるかもしれないという将来の不安」となり、30代では「ボーナスがでない」だった。


■デメリットよりメリットが上回る!メリット50以上は約7割

この派遣のメリットとデメリットについて、全体を100とした場合にメリットがどのくらいあるのかを聞いたところ、一番多かったのは「メリット50」で38%だった。また、「メリット60以上」の人は33%で、「メリット40以下」の人28%を上回った。年齢別では、「メリット60以上」と回答した割合が一番高かったのは「29歳以下(36%)」だった。
メリットもデメリットも半々と回答する人の自由回答欄では、「自由と金は一緒に手にはできないと思う。」「生きていくうえでは全ての物事がフィフティフィフティ。」などの声があがっていた。
また、この質問を「派遣で働いたことのない人」で見ると、「メリット40以下」が41%となり、メリットよりデメリットが上回る人が多かった。実際に就業経験の「ある人」と「ない人」では「派遣」に対するイメージが異なっている。


★アンケートの結果は「派遣ジョブ」サイト上でも公開中です。
(リンク »)

【お問合せ】
株式会社オピニオン 担当:WEB編集部
東京都新宿区西新宿1-22-2 新宿サンエービル14階
TEL:03-5339-1181(直)
FAX:03-5339-1182
URL: (リンク »)
E-mail:webmaster@opi-nion.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

参考グラフ

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社オピニオンの関連情報

株式会社オピニオン

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!