米Digi International社 2008年度の業績を発表

売上1億8,510万ドル、前年比6.8%増の成長

ディジ インターナショナル株式会社 2008年11月04日

米国Digi International社 (本社・米国、ジョー・ダンズモアCEO、NASDAQ:DGII)はこのほど、2008会計年度 (2007年10月~2008年9月)の業績を発表しました。今期の売上高は1億8,510万ドルで、前年度の1億7,730万ドルに対して1,180万ドル、6.8%の伸びとなりました。

2008年度の売上のうち、組込み製品(マイクロプロセッサ、開発ツール、組込みモジュール、コアモジュール、シングルボードコンピュータなど)は、前年度比16.4%増の8,660万ドルでした。これにはSpectrum Design Solutionsの買収日からの80万ドルを含んでいます。非組込み製品(マルチポート・シリアルアダプタ、ターミナルサーバなどネットワーク関連機器、USB関連機器、セルラー機器など)は、0.4%減の9,850万ドルでした。これにはSarian Systemsの買収日からの570万ドルを含みます。各市場においては、北米が1億730万ドルで4.2%減、ヨーロッパが5300万ドルで28.0%増、アジアが1970万ドルで26.1%増、南米が510万ドルで19.5%増でした。

また、Digi International社は、2008年度の営業利益を1,652万ドルで8.9%の利益率、1,235万ドルの純利益を上げたことを報告しました。今期末の同社の現金・預金・有価証券バランスは、7,370万ドル(前期から1,390万ドルの減少)でした。SarianとSpectrumの買収が2008年度のキャッシュフローの中で最も大きな流出となりました。

「年度初めには予想もしなかったチャレンジし、2008年を強力な年にしたことを誇りに思います。2009年度もDigiは、経済状況にかかわらず、強固な財政状況を保ち、大きなマーケットシェアを獲得します。」と、CEOのジョー・ダンズモアは話しています。

●Digi International社の2008年度の主なトピックス
(1) 2007年10月に、2400社の中から、「アメリカの200 Best Small Company」に選ばれました。
(2) Digi International グループのSarian Systems (英国)が、そのHR シリーズルータで、Frost & Sullivan European High Speed Wireless Enterprise Routers Product Innovation of the Year Awardを獲得しました。
(3)ミネアポリスに本社を置くSpectrum Design Solutionsを買収しました。Spectrum社の設計サービスが加わり、Digi ドロップ・イン ネットワーク製品はカスタマに迅速な製品実現を提供いたします。
(4)英国に本社を持つ株式非公開企業であり、ヨーロッパのワイヤレスルータ市場のリーダであるSarian Systems社を買収しました。これにより、Digiは工業グレードのセルラー/ワイヤレスルータでの世界的なリーディングカンパニーとしての地位を確立しました。
(5)2008年度Digiは製品開発スピードを加速しました。2007年度の13製品にくらべ2008年度は30の新製品を発表し、そのうち19製品はワイヤレスに関連するものでした。
(6)Digiのドロップ・イン ネットワーキングソリューションは、スタータキットセールスの増加、ワイヤレス ウェビナへの多くの参加者、ワイヤレスセールス全体の増加など、その勢いを増し、2008年度第4四半期におけるワイヤレスの売り上げは総売り上げの30%にのぼりました。ドロップ・イン ネットワーキングは、有線インフラが存在しない、またはカスタマの要求を満たせない場所にある商用ネットワーク機器にワイヤレス接続を提供します。
(7) 新たなアプリケーションや市場にDigiのワイヤレスを広げるために、数多くのワイヤレスドロップイン・ネットワーク製品を立ち上げしました。2008年度は新製品としてセルラールータを4つ、ワイヤレスゲートウェイを6つ、組込みワイヤレスモジュールを5つ、2つの全く新たなワイヤレス製品群、重工業や危険な環境に向けたワイヤレス製品を発表しました。
(8) Digi、TXU EnergyとComverge, Inc.で初の広域インターネット上でのZigBeeを使用した要求応答プログラムを発表しました。ComvergeのサーモスタットとDigiのワイヤレスゲートウェイを使用することで、TXUがパワー負荷の管理や顧客がエネルギー消費の管理をインターネットを介してこの技術で可能になります。

●2009年度について
Digi International社では、2008年度の売上を2億ドル~2億2,000万ドル(およそ13.5%増)と見込んでいます。

■Digi Internationalプロフィール
1985年に設立されたディジ インターナショナル社は、米国ミネアポリスに本拠を持つ、ビジネス向けデバイスネットワーキングのリーディングカンパニーです。ネットワークやWebを介してローカルもしくはリモートの電子機器に接続するあるいは安全に管理するための信頼性のある製品とテクノロジーを開発します。ディジは、性能、柔軟性、品質の最高水準を提供し、世界的なネットワークの販売代理店やリセーラ、システムインテグレータ、OEMを通じて製品を届けます。
Digi Internationalの詳細は、 (リンク »)

■ディジ インターナショナルの概要
社名 : ディジ インターナショナル株式会社
所在地 : 東京都渋谷区桜丘町22-14 NESビルS棟8F
TEL 03-5428-0261  FAX 03-5428-0262
代表者 : ジョー・ダンズモア(代表取締役 兼 米国Digi International 社CEO)
設立 : 2001年3月1日
資本金 : 1,000万円
URL : (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ディジ インターナショナル株式会社の関連情報

ディジ インターナショナル株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!