Jストリームは、動画広告の効果に関する調査を実施 ~ 動画の活用により掲載直後の詳細ページ誘導率が1.7倍に ~

株式会社Jストリーム 2008年11月04日

From ValuePress!

報道関係者各位
                                                2008年11月4日
                                            株式会社Jストリーム

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

           Jストリームは、動画広告の効果に関する調査を実施
       ~ 動画の活用により掲載直後の詳細ページ誘導率が1.7倍に ~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社Jストリーム(マザーズ:4308 代表取締役会長兼社長:白石 清)では、動画広告の
効果測定の基準となるサービス紹介ページへの誘導率についての調査を実施しましたので、
結果を発表いたします。
今回の調査では、動画とテキストリンクを表示した記事と、画像とテキストリンクを表示した記事と
を比較することで、動画を利用したページの方がより多くのリンククリックを誘発することが明らかに
なりました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 調査概要
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
調査方法:時間差A/Bテスト

 「japan.internet.com」の「特集・インタービュー記事」コーナーに、当社のサービス紹介を行う
 動画あり記事(A)と動画なし記事(B)を、日替わりで設置。サービス詳細ページへの誘導数を
 14日間にわたり計測。

調査期間:2008年9月1日~9月14日

記事総表示回数: 2,764回

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 調査の詳細と結果概要
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

調査画面について
 掲載記事は2ページで構成され、各ページに2つずつ、計4つの動画(または画像)と
 テキストリンクが設定されている。

更新状況:グラフ1のとおり、1日毎に(A)(B)を入れ替え表示。(土日に関しては作業が
 出来ない為、一部連続している)


上記計測より、下記のような結果を得られた。

?動画あり記事のページ(A)からサービス詳細ページへ誘導した値が、動画なし記事(B)の
 場合よりも1.34倍(アクセスの多い掲載直後2日間においては1.7倍)多くなった。

?動画あり記事(A)の動画表示ボタンのクリック率(動画閲覧率)は、ほぼ30%となった。

?動画の視聴時間は、尺が1分前後のもので全体の50%、30秒弱のもので80%程度となった。


<? サービス詳細ページへの誘導率の比率>

2週間の総アクセス数は2,764件。

(A)及び(B)の誘導率を比較すると、2週間トータルではグラフ2のように動画あり(A)の方が
動画なし(B)より、1.34倍サービス詳細ページへ誘導したという結果が得られた。

また、記事の公開直後で注目度の高い2日間においては、グラフ3のように動画あり(A)の方が
動画なし(B)に比べて1.7倍多くの誘導率が得られた。


<? [補足] 記事ページにおける動画のクリック率>

動画あり記事(A)における動画再生プレイヤーのクリック率は29.1%弱となった。


<? [補足] 動画の視聴時間に関して>

動画あり記事(A)に掲載した4本の動画の平均視聴時間は、1分程度の尺の映像3つにおいては
全体の60%弱、23秒の尺で82.6%(19秒)となった。


■Jストリームの今後の展開について
インターネットを用いたプロモーションやブランディング展開が増えるに従い、ユーザーを惹きつける
ために映像を用いたり、理解の難しい商品やサービスを、映像を用いて補足説明したりする機会が
増加してくると考えられます。
Jストリームでは、こうした企業活動をサポートするために、今回のような企業の施策実施の一助と
なる調査を行いつつ、企業ユーザーの利用しやすい配信プラットフォームや負荷分散、映像/
ウェブサイト制作能力などを引き続き提供してまいります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<ご参考>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■株式会社Jストリームについて
社名(商号) : 株式会社Jストリーム (マザーズ:4308)
設立      : 1997年5月
代表者    : 代表取締役会長兼社長 白石 清(しらいし きよし)
本社      : 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-25-18 渋谷ガーデンフロント10 F
          [Tel]03-4363-7000 
大阪営業所 : 〒530-0004 大阪府大阪市北区堂島浜1-2-6 新ダイビル9F
          [Tel]06-4796-6160 
URL     :  (リンク »)
事業内容
(1) インターネットや携帯電話網等を利用した、映像/音声/画像データ等の配信サービス
(2) 映像/音声/画像データ等の配信に関連する各種ASPサービス
(3) 映像/音声データの配信に関連するソフトウェア・ハードウェア等の開発・販売
(4) インターネットを利用した配信に関するコンサルティングサービス

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■本件に関する報道関係お問合わせ先
株式会社Jストリーム 営業企画部 担当:平山
TEL: 03-4363-7055 Email用コンタクトURL: (リンク »)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?