カメラ付携帯電話でお花をパチッ!お花を使った 世界初の2次元コード メッセージサービス「Flomo」誕生

「カラーコードTM」の技術を使いワォ・コーポレーションがカラージップと共同開発

カラージップジャパン株式会社 2008年11月05日

株式会社ワォ・コーポレーション(代表取締役社長:西原 明、本社:宮城県仙台市)はカラージップジャパン株式会社(代表取締役:朝田 康幹、本社:神奈川県横浜市)と業務提携し世界初の、花をバーコードにしたメッセージ配信サービスを提供開始します。

これは、カラーコードの特性である5x5のマス目の中の色を認識してコード化する特徴を生かした技術で、ワォ・コーポレーションでは、お客様から注文を受けると、25マスで区切られたギフト用のパッケージに花をデザインしながら盛り付けてお客様のご要望に応じてアレンジメントしていくものです。花の贈り手であるお客様は、お手持ちの携帯電話でメッセージ配信サイト「Flomo」にログインし、花のプレゼントしてもらう受け手に対してメッセージを書き込みます。この時、自分や、ご家族のお気に入りの写真を添えることも可能です。動画でのサービスも準備しています。
お花を贈られた方は、サービスの概要が書かれた手引きに沿ってカラーコードリーダをダウンロードしてお花を撮影します。すると・・・携帯電話からお孫さんのかわいい笑顔とメッセージや、恋人からの動画が出てくるではありませんか!?お友達、家族、夫婦の間で新たな心温まるコミュニケーションツールとしてお使い戴けるサービスです。
ワォ・コーポレーションでは、単なるバーコードの暗号化された技術を売り物にするのではなく、消費者の目線で一番わかりやすく、誰でも受け入れられるサービスにしてお花を販売していく考えです。まずはインターネットを使った通信販売と、仙台に直営ショップの出店を計画しユーザを開拓していく考えです。また、全国のお花屋さんでも取り扱いができるよう、「Flomo Partner Shop’s Academy」(仮称)を通じ、本サービスの仕組みを熟知した「Flomoフラワーデザイナー」も育成します。2009年末には、120店舗で取り扱いができると共に大手コンビニやメガストアでも購入できるよう各社と商談を開始しています。

このプレスリリースの付帯情報

造花や生花で作ったFlomo(カラーコード)

用語解説

【Flomoについて】
世界初のお花を使った2次元コードのサービス名称です。「カラーコード」が日本でサービスを開始して5年目に入ります。「Flomo」は人々の想いを伝えるメッセージ配信サービスとしてワォ・コーポレーションのユニークな技術とカラージップジャパンのサーバシステムを組み合わせ事業展開をしていきます。心のこもった贈り物であるお花に想いを寄せる人は多いと思います。その想いにインターネットを用い言葉を添えて贈るのです。お花を単に贈るだけでなく、人々を幸せな気持ちにさせる感謝も携帯電話を使って送るのです。お花を通じて夢と感動を日本全国の皆様に伝えたい。ワォ・コーポレーションでは、「Flomo」事業を皮切りに新しいサービスの創造と革新的なデザインで今後も画期的なサービスを提供していく考えです。
【カラーコードTMについて】
カラーコードTMは、カラージップジャパンが提供する次世代型2次元コードです。ユーザーが携帯電話のカメラなどで撮影することで、コード化された情報を読み取ることができます。従来の2次元コードと異なり、4色を配列するコードのため、文字や図柄などを4色で表現したデザインが可能です。また、印刷媒体だけではなく、屋外広告やテレビ画面などのあらゆる媒体に表示可能で、クロスメディアプロモーションに最適です。
 コードはインデックスとして使い、リーダはインデックスを認識した後に、サーバにデータを読みに行きます。データを読んだあとに、指定されたコンテンツサーバにアクセスする為、他の2次元コードのように許可なく利用することができない為、安全な2次元コードとして脚光を浴びています。雑誌に利用する際、データ入稿前に、2次元コードのURL情報が確定している必要性がなく、印刷工場にとりあえずカラーコードを付けたままデータを納品し、印刷後からでもデータを入れることができます。読み手に届く前までにURLを確定すれば良いのです。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

カラージップジャパン株式会社の関連情報

カラージップジャパン株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!