第23回価格.comリサーチ 「最新ゲーム機対決!-ゲームで遊ぶ頻度はどのくらい?-」

株式会社カカクコム 2008年11月07日

ゲーム機、ソニー・マイクロソフトのシェア上昇! 任天堂勢の勢いが低下、ゲーム機の年末商戦は混戦模様? ~今年のキラーヒットはPSP「モンハン」と、Xbox 360「ヴェスペリア」~ 詳細結果:http://kakaku.com/research/backnumber023.html

株式会社カカクコムが運営する購買支援サイト「価格.com( (リンク ») )」が
実施したユーザーへの意識調査「価格.comリサーチ」より、
第23回調査『最新ゲーム機対決!-ゲームで遊ぶ頻度はどのくらい?-』結果を
ご案内します。
(リンク »)


ゲームタイトルの充実や値下げによって巻き返しを計る「プレイステーション3(以下PS3)」
・「Xbox 360」。新たなゲームの楽しみ方を提案した「Wii」の一人勝ち状態から、
新たなシェア競争へと進みつつある中で、消費者のゲーム機の所有状況やプレイ頻度、
ソフトの購入頻度などを調査しました。
また、一部に関しては、昨年年末に実施したゲーム機に関する調査結果とも比較しています。


参考:第13回価格.comリサーチ「ゲーム機最新事情!」
(調査期間:2007年12月25日~2008年1月7日)
(リンク »)  


【調査方法・ユーザーパネルについて】
調査エリア:全国 調査対象:価格.com ID 登録ユーザー
調査方法:価格.comサイトでのWebアンケート調査
回答者数:6,216人 男女比率:男88.8%:女11.2%
調査期間:2008年10月20日~2008年10月27日

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?