J-CAST、城繁幸の新コラム『29歳の働く君へ』をスタート!           http://www.j-cast.com/kaisha/

株式会社ジェイ・キャスト 2008年11月27日

2008年11月27日
株式会社ジェイ・キャスト

 株式会社ジェイ・キャスト(東京都千代田区、代表取締役社長:蜷川真夫)が
運営する『J-CAST会社ウォッチ』( (リンク ») )は2008年
11月27日、ベストセラー新書『若者はなぜ3年で辞めるのか?』の著者として知
られる人事コンサルタント・城繁幸(じょう・しげゆき)氏の連載コラム『29歳
の働く君へ~いまからでも遅くない!』をスタートしました。

●『若者はなぜ3年で辞めるのか?』の著者・城繁幸の新コラム

 『J-CAST会社ウォッチ』は会社の「人間関係」をテーマに、08年10月に開設さ
れたサイトです。上司と部下、先輩と後輩、男性と女性など会社内のさまざま人
間関係にまつわるドラマや、社内外でのコミュニケーションをテーマにした記事
やコラムを毎日、掲載しています。

 今回始まったコラム『29歳の働く君へ~いまからでも遅くない!』では、『若
者はなぜ3年で辞めるのか?』で若者が職場で感じる閉塞感の実態を明らかにした
城繁幸氏が、さまざまな現場で働く若者に向けて“アウトサイダーからの提言”
を書き綴っていきます。激変する雇用環境の中で悩む若者たちが「働くこと」に
ついてどう考えていけばいいのか、そのヒントを提供することを目指します。

(第1回コラム)
なぜ「非正社員」はリストラされるのか?
(リンク »)

(城繁幸氏プロフィール)
人事コンサルティング「Joe's Labo」代表。1973年生まれ。東京大学法学部卒業
後、富士通入社。2004年独立。人事制度、採用等の各種雇用問題において、「若
者の視点」を取り入れたユニークな意見を各種経済誌やメディアで発信し続けて
いる。06年に出版した『若者はなぜ3年で辞めるのか?』は2、30代ビジネスパー
ソンの強い支持を受け、40万部を超えるベストセラーに。08年発売の続編『3年で
辞めた若者はどこへ行ったのか-アウトサイダーの時代』も15万部を越えてヒッ
ト中。

●元フリーター社労士・野崎大輔の新コラムも開始

 また、J-CAST会社ウォッチでは08年11月14日に、もう一つの新コラム『「でき
るヤツ」と思わせる20のコツ』を始めました。

 フリーターから社会保険労務士になった野崎大輔(のざき・だいすけ)氏が、
自らの経験をもとに、「凡人ができるヤツと呼ばれるためのコツ」を伝授してい
きます。誰でも簡単に実践できる「できるヤツと思わせるコツ」(略称できコツ)
をわかりやすい文章で説明します。

(第1回コラム)
凡人こそ「できるヤツ」と呼ばれるコツが必要だ!
(リンク »)

(野崎大輔氏プロフィール)
フリーター、上場企業の人事部勤務などを経て、2008年8月独立。「企業を活性化
させるチェンジ・エージェント」を掲げ、東京・四谷で人事コンサルタントとし
て活動中。野崎人事労務管理事務所代表、特定社会保険労務士。

===================================
【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社ジェイ・キャスト
担当  : メディアサービス事業部 
      蜷川聡子(にながわさとこ)、出久根さかえ(いずくねさかえ)
E-MAIL : pr@j-cast.com
TEL   : 03-3264-2591
FAX   : 03-5215-7091 
所在地 : 〒102-0084 東京都千代田区二番町12番地8 ロイヤルビル1階
URL   : (リンク »)
===================================

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ジェイ・キャストの関連情報

株式会社ジェイ・キャスト

株式会社ジェイ・キャストの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!