物書堂 iPhone(TM) / iPod(R) touch 用電子辞典アプリケーション 「大辞林」を発売

株式会社物書堂 2008年12月08日

株式会社 物書堂(ものかきどう、本社:東京都江東区、代表取締役:廣瀬則仁)は、革新的なインターフェースとヒラギノ明朝体を搭載したiPhone / iPod touch用電子辞典アプリケーション、「大辞林」の販売を本日よりApp Storeにて開始しました。「大辞林」は、本格派日本語[国語+百科]辞典の最高峰、三省堂「スーパー大辞林3.0」を搭載した日本語電子辞典です。書籍版の「大辞林 第三版」(8,190円)に収録された項目に、さらに約1万7千項目を追加した、約25万5千項目を収録しています。2,700点にのぼる図表もすべて含まれています。そのうえ書籍の新しい版が出版されるまで不定期にアップデートされるので、安心して長く使うことができます。「大辞林」は一部の地域を除きワールドワイドに販売されます。日本国内での販売価格は2,500円です。

「大辞林」には辞書を読む楽しみをiPhone上で再現するために、様々な工夫が盛り込まれています。インデックス表示ではiPhoneのマルチタッチを活かした革新的なインターフェースが「言葉に出会う」楽しみをもたらします。また、解説の中に含まれる、知らない言葉、興味を引かれる言葉も、指でなぞって選択するだけでジャンプすることができます。

「大辞林」は、大日本スクリーン製造株式会社の「ヒラギノ明朝体 W3 ProN」を搭載し、物書堂オリジナルのレイアウトエンジンが書籍のように美しい縦組を再現します。さらにヒラギノ明朝体とピンチ操作による拡大表示によって、難しい漢字も確実に確認することができます。

「大辞林」は前方/後方/完全一致検索や、気に入った言葉を登録できるブックマーク、最近見た項目を記録する履歴といった基本的な機能も充実しています。

「三省堂様より【国語+百科】辞典の最高峰である大辞林をご提供いただき、日本語のすばらしさを堪能していただける製品を開発しました。効率よく言葉を調べるだけでなく、紙の辞書をぱらぱらとめくって言葉に出会う楽しみをiPhone上で実現しています。iPhoneの特徴を最大限に活かした革新的なインターフェース、ヒラギノ明朝体を用いた美しい縦組など、これまでになく読みやすく楽しめる国語辞典に仕上げました。大辞林には私たちが誇りに思う、すばらしい日本語がぎっしり詰まっています。大辞林を通して日本語のすばらしさを再発見していただけると思います。」と物書堂 代表取締役、廣瀬則仁は述べています。

「このたび、小社を代表する[国語+百科]辞典である「大辞林」が、iPhone/iPod Touchで快適に使える電子辞典として物書堂様から発売され、多くのユーザーの皆様の手の中で縦横無尽に活用していただけるようになりました。ディスプレイ上で検索する電子的な辞典は横組が一般的ですが、このアプリではヒラギノ明朝体による縦組の、読みやすく美しい画面表示が実現されています。ことばの林を散策するようなインデックスを動かせば、多様で豊かな言葉にめぐりあう楽しみを感じていただけると思います。辞書は楽しい! このすばらしいインターフェースを実装していただいた物書堂様に感謝しています。」と株式会社三省堂 執行役員 デジタル情報出版部部長、高野郁子氏は述べています。

主な機能は以下の通りです。

・前方/後方/完全一致検索
・インデックス機能(すべて/五十音/季語/ABC略語/人名/地名/作品名)
・ジャンプ機能
・ヒラギノ明朝体による縦書き表示
・拡大表示機能
・ブックマーク機能
・履歴機能
・文字サイズ(大/中/小)、背景色(黒/白)、文字色(コントラスト)の変更

【スーパー大辞林3.0 について】

現代の文字・活字文化を支える基本辞典として、また 21世紀初頭の日本語の姿を映し出す辞典として編纂された本格派日本語[国語+百科]辞典の最高峰「大辞林 第三版」に、新語の増補や社会情勢などの変化を反映させ編集。徹底した「現代語義優先方式」により意味・用法をより現代的なものから配列。類書に見られない懇切丁寧で詳しい解説や大型国語辞典に唯一のアクセント表示を搭載した充実の内容。

・収録項目数:約25万5千項目(書籍版から約1万7千項目を追加)
・収録図表数:約2,700項目

【製品仕様】

 製品名:大辞林
 価格 :2,500円(税込)
 販売 :App Store にて販売

製品の詳しい内容については以下をご覧ください。
  (リンク »)

【物書堂について】

物書堂(ものかきどう)は2008年2月29日に設立された新しい会社です。MacおよびiPhone / iPod touch用アプリケーションの企画、開発、販売を行います。社名の通り、文章を書く人々に対して創造力を最大限に発揮できる道具を提供することを目的としています。

物書堂ホームページ
  (リンク »)

※記載されている会社名や商品名などは各社の商標または登録商標です。

このプレスリリースの付帯情報

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社物書堂の関連情報

株式会社物書堂

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!