楽天の「楽天ブログ」、「前略プロフ」に、エイタロウソフトの       3Dアバターシステムを提供しました。

株式会社エイタロウソフト 2008年12月18日

株式会社エイタロウソフト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:西島 栄太郎、以下エイタロウソフト)は、エイタロウソフトが提供する3Dアバターシステムが、楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 楽天)が運営する「楽天ブログ」(http://plaza.rakuten.co.jp/)及び「前略プロフィール」(http://pr.cgiboy.com/)の3Dアバターサービスに採用されることになりましたので、お知らせいたします。これは、株式会社Any(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:畑野 仁一、以下Any社)が楽天と3Dアバターサービスの提供で業務提携をしたことにより、実現いたしました。 エイタロウソフトは2007年10月より、Any社の運営する3Dアバターを利用したSNS「Any」に、PCと携帯電話の両方で同じサービスを楽しめる「3Dアバターシステム」を提供しており、 この度のAny社と楽天の業務提携においても、エイタロウソフトの3Dアバターシステムが利用されることとなりました。

■「3Dアバターシステム」について
エイタロウソフトは3Dアバターに向けた取り組みを2005年より、いち早く行っており、多くの企業様のサービスに導入され、支持を得ております。
※採用実績一覧
(リンク »)
エイタロウソフトの「3Dアバターシステム」の大きな特徴は、従来の2Dのアイテム(洋服)で構成されていたアバターを、3Dのアイテム(洋服)で構成し、実際の人体の構造と同様にボーンと呼ばれる骨を折り曲げることにより、自由に「動き」を付けられることです。

また独自に開発した高速な減色アルゴリズムや3D生成技術により、1枚あたりの画像生成時間として数ミリ秒という高速な画像生成を実現しており、大規模なトラフィックにも耐え得るシステムとなっております。

今後は3Dアバターを使用したゲーム連動のAPI機能提供や、ユーザーが楽しく3Dアバターを活用できる3D仮想空間等のコンテンツ開発にも力を入れて参ります。

【株式会社エイタロウソフト】
エイタロウソフトは国内初のアプリによる3Dエンジンの開発に成功した会社です。独自に開発した3D技術を基に3Dアバターシステムの開発を行っており、ajaxを使用した世界的にも最先端の技術を駆使して、国内初となる携帯電話ブラウザ向けの3Dアバターシステムの提供を実現しております。さらにP2Pによるオンライン技術の開発や、携帯電話において国内初となる4人同時に参加可能なフル3DのオンラインRPGを実現する等、ネットワーク技術の研究開発にも力を注いでいます。エイタロウソフトは常に新しい技術の研究開発に取り組んでおり、困難と見込まれるサービスを実現する為の技術開発を数多く成功させ、他には無い差別化したサービスを望まれるお客様に高い評価をいただいております。当社の詳細につきましては、次のHPをご覧ください。 (リンク »)
 設立:2002年1月
  本社:東京(外神田)、/拠点:米国カリフォルニア

■本リリースに関するお問合せ先
株式会社エイタロウソフト 常田(ときた)
TEL:03-3254-3770 EMAIL:pr@eitarosoft.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

Any社3Dアバター例

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社エイタロウソフトの関連情報

株式会社エイタロウソフト

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!