COBOL技術者のためのSOA連携講習 SOA時代のCOBOL/J2EE連携ハンズオン

マイクロフォーカス株式会社 2007年01月30日

開催場所: 東京

開催日:  2007年2月28日

申込締切日: 1970年1月1日

基幹システム構築において「COBOLシステムのオープン化を図りたい」「既存COBOL資産をもっと有効活用したい」そして「ビジネス環境の変化に迅速に対応したい」、このような要求の高まりと共にSOA(サービス指向アーキテクチャ)が注目を集めています。
本セミナーでは、シンプルなCOBOL/J2EE連携から、さらにはSOAの考え方にのっとりCOBOLをサービスとして再利用、そしてエンタープライズ・サービスバス(ESB)を経由して他のアプリケーションとも組み合わせて活用するための、実習を含めた実践的な内容をお届けします。

実施要領
■日時 : 2007年2月28日(水)10:00~17:00
■場所 : IBM ソフトウェア・コンピテンシー・センター
       (リンク »)
      〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1
      渋谷マークシティウエスト18階
■主催 : 日本アイ・ビー・エム株式会社、マイクロフォーカス株式会社
■受講対象 : 基幹システム構築に関係する技術者の方
■受講料 : 無料
■定員 : 20名

■詳細とお申し込みはこちら;
(リンク »)

■お問い合わせ先 :
マイクロフォーカス株式会社 マーケティング部
COBOL技術者のためのSOA連携講習担当
Tel: 0120-209612

関連情報へのリンク »

マイクロフォーカス株式会社の関連情報

マイクロフォーカス株式会社

マイクロフォーカス株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR