データ統合プラットフォーム PowerCenter 体験セミナー

三菱電機インフォメーションテクノロジー株式会社 2008年05月14日

開催場所: 東京

開催日:  2008年6月27日

申込締切日: 2008年6月26日

近年、データウェアハウスの短期構築および運用コスト低減の手段として、また企業合併や事業統合にともない複雑化するデータを一元管理するためのデータ統合基盤として、ETLツールが注目されています。PowerCenterは、米インフォマティカ社が開発し、2900社を超す世界各国の優良企業が活用しているETLツールで、三菱電機インフォメーションテクノロジー株式会社(MDIT)が日本語化を担当しています。MDITは販売のみならず、日本語化開発で培った高度な製品知識と豊富な実績に基づいて、コンサルティングから保守まで充実したサービスをご提供しています。

本セミナーでは、ETLツールの導入をご検討されている方のために、デモンストレーションを交えてPowerCenterの特長、事例をご紹介いたします。さらに、1人1台ずつ実機を使って、PowerCenterを活用したシステム構築の基礎を習得していただきます。是非この機会にご参加ください。

詳細はこちら(→ (リンク ») をご覧ください。

関連情報へのリンク »

三菱電機インフォメーションテクノロジー株式会社の関連情報

三菱電機インフォメーションテクノロジー株式会社

三菱電機インフォメーションテクノロジー株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!