第2回セキュリティセミナー:情報漏えい事件・事故への継続的な対応 ~運用負荷の軽減・利便性を考慮した現実的なセキュリティ対策とは~

日本ユニシス株式会社 2008年09月03日

開催場所: 東京

開催日:  2008年10月2日

申込締切日: 2008年10月1日

今日、企業は内部統制の整備運用・コンプライアンスへの取り組みに加え、
自社の顧客データ、設計図やデザイン情報など、競争力の源泉である「秘密情報」を守るために、
情報セキュリティ対策を一層強化する必要があります。
しかし、情報セキュリティ対策は、日々変化する環境に臨機応変に対応し、
継続的に実施していかなければなりません。

今回は、「情報漏えい事件・事故への継続的な対応」をテーマに、
日々発生している情報漏えい事件・事故の事実を見据えて
効率的・効果的な対策を実装することにフォーカスしてセミナーを開催します。
セミナー開催後に個別にご相談も承ります。

◆開催日時 2008年10月2日(木)14:00 ~17:20 (13:30開場・受付開始)
◆開催場所 日本ユニシス株式会社 本社6階 セミナーA
         (リンク »)
◆お申し込みはこちらから  (リンク »)
◆プログラム
 14:00~14:50 米国におけるインターネットバンキングの脆弱性と現実
            ~直近の情報漏えい事件の事例解説とともに~(日本ユニシス株式会社)
15:00~15:50 企業における情報セキュリティマネジメントの現状と課題
            ~継続的且つ効果的なセキュリティ対策とは~(日本ユニシス株式会社)
16:00~16:50 Webアプリケーションと脆弱性
           ~アタッカーからコンテンツを守るために~(ユニアデックス株式会社 )
16:50~17:20 個別相談会
             貴社の情報セキュリティに関するご相談を、
             講演者であるセキュリティの専門家が個別に承ります。

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?