ホワイトペーパー

オンプレミスクラウドやDevOpsに、なぜコンポーザブル・インフラが必要なのか?

日本ヒューレット・パッカード株式会社(H/W) 2016年12月13日

開発者は、インフラのプロビジョニングを迅速に行い、開発をスムーズに推進したいという理由から、これまでパブリッククラウドを活用することが多かった。

しかし、パブリッククラウドは、長期的なコストや制御の課題が生じることがあるため、それに代わるソリューションとして、IT 部門がプライベートクラウドを提供し開発者を支えている場合がある。また一方で、インフラのセットアップと自動化の複雑性が課題となることが、これまでに明らかとなっている。

そこで注目されているのが、HPEが提唱するアーキテクチャ「コンポーザブル・インフラストラクチャ」を具現化したプラットフォーム「HPE Synergy」だ。HPE Synergy は、難しい設定を行うことなく実行できるプライベートのベアメタルクラウドに対応したプラットフォームで、アプリケーションの実行に必要なすべてのインフラが一元化されている。

本資料「コンポーザブル・インフラストラクチャによるITサービスデリバリの迅速化」では、コンポーザブル・インフラストラクチャとはどのようなアーキテクチャで、HPE Synergyでどのようなことができるのか、さらに、クラウドおよびDevOpsになぜHPE Synergyが適しているのかなどを紹介する。ぜひダウンロードの上、詳細をご覧いただきたい。

[関連ページ]
Synergyはじめてセミナー
http://h50146.www5.hpe.com/events/seminars/info/composable-seminar.html

ビジネス変革に対応できる柔軟なIT基盤
http://h50146.www5.hpe.com/products/servers/news/promotion/synergy/

日本ヒューレット・パッカード株式会社
日本ヒューレット・パッカードパートナーおよび当社担当営業とお取引があるお客さまは直接担当者へお問い合わせください。
下記URLからもご注文・ご相談を承ります。

[お問い合わせ先]
http://www8.hp.com/jp/ja/hpe/contact/sales.html

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)