中国のオンラインゲームプレーヤーは2010年には6100万人に増加

株式会社データリソース 2006年05月16日

米国の調査会社インスタット社は、中国のオンラインゲームプレーヤー数が2005年の2550万から、2010年には6100万に増加するという予測結果を発表した。

中国のオンラインゲームプレーヤー数は、2005年の2550万から、2010年には6100万に増加すると米国の調査会社インスタット社は報告する。中国政府の政策がオンラインゲーム産業を擁護しており、数社の主要企業によって多数のビジネスチャンスが生みだされるだろう。しかし、多くの企業にとっては、当分の間、収益機会はとらえがたい。中国のオンラインゲーム企業で、2005年に利益が出せたのは15%未満だった。

「2005年の時点で、中国の有料オンラインゲームプレーヤー数は1600万人だった。中国のオンラインゲームプレーヤーの増加は、中国の'インターネット市民'の増加の割合を上回っており、来年にはオンラインゲームは最も利用されているオンラインサービスの一つとなるだろう」とインスタット社のアナリストAnty Zheng氏は言う。

インスタット社の調査結果を以下にあげる。
◇ ShanDa、NetEase、The9、KingSoftなどの主要企業が、市場全体の80%を占める
◇ 2005年、中国のオンラインゲーム企業は300社以上あった。ゲームの50%は自社製で、シェアは来年も増加するだろう
◇ 現在の市場の障害は、各ゲームと各プレーヤーあたりのプレー時間が4時間に制限されるという新しい政策である

インスタット社の調査レポート「中国のオンラインゲーム市場調査 :娯楽に留まらない - Online Gaming in China: More than Fun and Games」は、中国オンラインゲームのビジネスチャンスを調査し、ユーザの需要、ビジネスモデル、規制問題、特定の機会、企業プロフィールを提供する。加入者数、オンラインゲームによる収益、関連市場の2010年までの予測も行っている。

この調査レポートは、デジタルカメラ、デジタルテレビ、パーソナルメディアプレーヤーなどの消費者向け製品の市場と製造企業について洞察するインスタット社のChina Consumer/Convergenceサービスの一環である。消費者については、所有状況、購買行動、関心、製品への需要を調査する。メーカーについては、競争企業、ビジネスモデル、主要サプライヤの市場シェア、業界の重要事項、消費者向け機器と製品の出荷/導入を調査する。中国のデジタルホームについても調査する。IPTVやオンライン音楽/ゲームサービスなどの分野の他にも、このとらえ難い消費者向け市場におけるビジネスチャンスに関心を持つ誰にとっても有益な洗練された独特の市場見解を提供するサービスである。

調査レポート
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
中国のオンラインゲーム市場調査 :娯楽に留まらない
Online Gaming in China: More than Fun and Games
(リンク »)

インスタット (In-Stat)について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(リンク »)

※このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!