出荷は増えるが収益が下落する、いくつかのMPEG向け半導体市場

株式会社データリソース 2006年07月25日

米国の調査会社インスタット社の報告によると、DVDレコーダのMPEGエンコーダとコーデックの消費者向け市場とPCテレビチューナは特に出荷数が増加しているが、DVDプレーヤ向けのMPEGデコーダとオンラインネットワークレシーバはASPの低下が原因で収益が減少しているという。

MPEGビデオ向け半導体は出荷数では成長を続けると米国の調査会社インスタット社は報告する。DVDレコーダのMPEGエンコーダとコーデックの消費者向け市場と、PCテレビチューナは、特に出荷数が増加している。しかし、DVDプレーヤ向けのMPEGデコーダとオンラインネットワークレシーバの場合、ASPの低下によって収益は減少している。

「MPEGビデオのエンコードとデコード機能の市場はますます増えるだろう。小さい市場もあるだろうが、携帯端末などの非常に大きな出荷数が見込まれる市場もある」とインスタット社のアナリストMichelle Abraham氏は言う。

インスタット社は以下の点も調査している。
◇ H.264デコーダ半導体は、モバイルアプリケーションとラインパワードデバイスの両方で使用されている
◇ STMicroelectronicsは、再度オンラインネットワークセグメントのMPEGデコーダ向け半導体の最大のベンダになった
◇ DVDレコーダ市場では、ICソリューションはより多くの機能を統合して価格を保つことに寄与する。このセグメントの収益は、2010年に7億7800万USドルまで伸びるだろう


インスタット社の調査レポート「MPEGビデオ向け半導体市場調査: H.264への移行 - MPEG Video ICs: Transitioning to H.264」は、MPEGビデオ向け半導体を調査している。2005年の出荷数、収益シェアと、下記の項目についての5年間の予測を掲載している。

- 消費者向けMPEG-2エンコーダ半導体
- MPEG-1デコーダ半導体
- DVDプレーヤ向けのMPEGデコーダ半導体
- オンラインネットワークのMP@ML MPEGデコーダ半導体
- MPEG-2 MP@HLデコーダ半導体
- モバイルアプリケーションのMPEG-4半導体
- ラインパワードアプリケーションのH.264デコーダ半導体


調査レポート
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
MPEGビデオ向け半導体市場調査: H.264への移行
MPEG Video ICs: Transitioning to H.264
(リンク »)

インスタット (In-Stat)について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(リンク »)

※このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!