衛星オペレータは過剰設備の時期にはいる

株式会社データリソース 2006年09月28日

フランスの調査会社イダテ社は、ブロードバンド接続の分野では、衛星は固定や無線技術に対抗しうる有力な技術とはいえないが、衛星しか利用できない場所におけるインターネット接続というニッチ市場では必要とされると報告している。

2006年9月12日
衛星企業の中期的な市場機会と課題を解明するために、フランスイダテ社の調査レポート「衛星業界:中期的な成長の見通し」は、主要な衛星市場を調査し、数社の主要衛星オペレータの戦略的選択についての詳細な分析を提供する。また、オペレータが直面している重要な問題点と、それぞれの市場で有利に動こうとする場合に利用できる各社の資産を特定している。

・過剰設備の状況に直面し、衛星オペレータは、どの道筋に進むことが最も有効であるかを見極めなければならない。高品位テレビ、デジタルラジオ、モバイルテレビ、インターネットサービス、DTH、位置情報などが、衛星の需要を生成するアプリケーションであると考えられる
・ビデオ配信サービス市場は、場所によっては確実に大きく成長するだろう
・ブロードバンド接続の分野では、衛星は固定や無線技術に対抗しうる有力な技術とはいえないが、衛星しか利用できない場所におけるインターネット接続というニッチ市場では必要とされる
・モバイルテレビについては、実際の利用状況やビジネスモデルについてのデータが不足しているうえ、現在のところ地上波が成功していることから、衛星企業はモバイルテレビに対して慎重に対応せざるを得ない状況である
・2005年には、衛星企業の再編と自由化が大きく進んだ。今後もこの傾向が進むだろう


◆調査レポート
衛星業界:中期的な成長の見通し
(リンク »)

◆仏イダテ社について
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR