あなたが選ぶ今年最高のオンラインゲーム『WebMoney Award2006』 開催のお知らせ

- 11月20日(月)正午より投票開始 -

株式会社ウェブマネー 2006年11月20日

 日本最大級のインターネット専用電子マネー「WebMoney」の発行元である株式会社ウェブマネー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:溝口龍也)は、2006年11月20日(月)正午から一般投票形式でゲームプレーヤーの声を公正に集計し、200タイトルを超すオンラインゲームの中から投票総計の上位2賞と5部門で最も支持の多いオンラインゲームタイトルを選出する『WebMoney Award』を開催いたします。

「WebMoney Award」への投票は、WebMoney公式ホームページならびに、各オンラインゲーム運営企業のゲームサイトなどにリンクされている「WebMoney Award2006投票ページ」から誰でも自由に行うことができます。対象となるオンラインゲームタイトルは、2006年11月末現在、正式サービスとして提供されているPC用オンラインゲーム全てとなります。
また、この投票結果をもとに各賞の発表を行います「WebMoney Award2006」の授賞式は、2006年12月26日(火)恵比寿イーストギャラリーに於いて開催いたします。株式会社ウェブマネーでは、この公正かつ中立な立場での「WebMoney Award」が、成長著しいオンラインゲーム市場を客観的に振り返る指標となり、かつ市場拡大の一助となればと願っております。

<Award投票期間>
2006年11月20日(月)正午 ~ 2006年12月5日(火)正午迄

<Award投票方法>
WebMoney公式ホームページ下に設置される投票ページから直接行うことができます。
投票ページURL:  (リンク »)

<対象オンラインゲームタイトル>
2006年11月末現在で正式サービスとして提供されているPC用オンラインゲーム全て
※正式サービスであれば有料、無料は問いません。

<Award選定方法>
投票総計の上位2賞及び5部門で、最も獲得投票数の多かったゲームタイトル

<各受賞名称>
[ WebMoney Award2006 ]
・グランプリ ・・・ 獲得投票数1位
・準グランプリ ・・・ 獲得投票数2位

[部門賞]
・カジュアルゲーム賞 ・・・ MMOPRG以外での獲得投票数1位
・ゲームポータル賞      ・・・ 獲得投票数1位のゲームポータル
・新規タイトル賞 ・・・ 2006年に正式サービス開始タイトルの獲得投票数1位
・女性セレクト賞 ・・・ 女性の投票による獲得投票数1位
・ティーンズ賞 ・・・ 20歳未満の投票による獲得投票数1位

<WebMoney Award2006授賞式>
[ 開催日 ] 2006年12月26日(火)
[ 開催場所 ] 恵比寿イーストギャラリー


――――― インターネット専用電子マネー『WebMoney』について ―――――
 株式会社ウェブマネーが発行するインターネット専用電子マネー「WebMoney」は、プリペイド型(前払い式)の電子決済サービスです。「WebMoney」に記載されている16桁の英数字(プリペイド番号)を「WebMoney」決済画面に入力することで簡単かつ安全にネット上でのお支払いが出来ます。
全国主要コンビニエンスストアなど約42,000販売店で購入できるほか、オンライン販売サービスでもお求めいただけます。この安全性と手軽さが支持され、オンラインゲームサイト、大手音楽ダウンロード配信、各種コンテンツ課金、ネットショップなど多数のサイトでご利用いただいております。

※このほか詳しい内容に関しましては、こちらのサイトでご確認ください。
『WebMoneyホームページ』 (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ウェブマネーの関連情報

株式会社ウェブマネー

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!