編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

セブン銀行ATM、スマホだけでなくカード挿入でも「au WALLET 残高」「WebMoneyプリペイドカード」への現金チャージが可能に ~「au PAY」などの決済サービスがより便利に利用できる!~

株式会社ウェブマネー

From: DreamNews

2019-12-27 10:00

KDDIの提供する「au WALLET 残高」およびウェブマネーが発行する「WebMoneyプリペイドカード」(注1)は2019年12月30日より、全国に25,000台以上あるセブン銀行ATMにおいて、ATMにカードを挿入した現金チャージ(入金)ができるようになります。



セブン銀行ATMでは、2019年6月24日よりスマートフォンによるチャージ(入金)を提供していましたが、このたびの機能追加により、カードのみを利用しているお客さまやスマートフォンを利用していないお客さまもカードを挿入した現金チャージ(入金)が可能となります。

セブン銀行ATMは、セブン-イレブンをはじめとするさまざま商業施設、空港や駅、観光地などに設置されており、入金手数料が無料で原則24時間(注2)ご利用いただけます。
また、セブン銀行の新宿歌舞伎町コーナー共同出張所、港区新橋コーナー共同出張所には、2020年1月10日以降、オリジナルデザインの「セブン銀行ATM」を設置します(注3)。



なお、チャージされた「au WALLET 残高」は、「au PAY」や「au WALLET プリペイドカード」としてお店でのお買い物やお支払いにご利用可能です。



「au PAY」は、auに限らずスマートフォン・タブレットをお持ちのすべてのお客さまが利用できるスマホ決済サービスです。お手持ちの「au WALLET アプリ」から簡単な操作でご利用いただけ、アプリ上に表示されるバーコードやQRコードを店舗のPOSレジや各種端末で読み取る、または店舗が提示したQRコードをアプリで読み込むことで、お買い物・お支払いにご利用いただけます。

■セブン銀行ATMでのチャージについて
1.ご利用方法
・「au WALLET 残高」へのチャージは、セブン銀行ATMに「au WALLET プリペイドカード」を直接挿入するだけでご利用いただけます。
・「WebMoneyプリペイドカード」へのチャージは、セブン銀行ATMに「WebMoneyプリペイドカード」「WebMoneyプリペイドカードLite」を直接挿入するだけでご利用いただけます。



3.提供開始日
2019年12月30日

詳細は別紙をご参照ください。

KDDIグループは、生活の中心となったスマートフォンを通じてお客さまの日常生活における決済・金融サービスをより身近にする「スマートマネー構想」を始動しています。
今後も「通信とライフデザインの融合」を推進し、"お客さまに一番身近に感じてもらえる会社"として、日本の現金文化からキャッシュレス社会への変革を推進することで、お客さまの豊かな生活をサポートし、新しい体験価値を創造していきます。

会社名:株式会社ウェブマネー
所在地:東京都港区西新橋二丁目3番1号 マークライト虎ノ門12階
親会社:auフィナンシャルホールディングス株式会社(100%出資)
事業内容:1.電子マネーWebMoneyの発行・販売
2.WebMoneyを利用した電子決済サービスの提供
代表者名:代表取締役社長 田中 正信
公式ホームページ: (リンク »)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]