PDF Report at ZDNet Japan

ZDNet JapanのトピックをPDFでまとめて解説する会員限定サービス「PDF Report at ZDNet Japan」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

アクセスランキング

  1. 1秒読み段階か? 富士通グループの大掛かりな再編・統合
  2. 2エッジコンピューティングが興隆する2019年
  3. 3IT業界の「ポスト2020仮説」--2020年以降に本格化すると見られる10の仮説
  4. 4コーヒーはIoTと自動化でどこまで変われるか--新形態のコーヒーショップを訪ねて
  5. 55G時代に備え、CIOが今進めておきたい5つのこと
  

記事一覧

  • 2018年にオープンソース界隈をにぎわせた出来事

    現代のエンタープライズITシステムにとってオープンソースのテクノロジは不可欠な存在だ。2018年にオープンソース界隈をにぎわせた主な出来事を振り返ってみたい。

  • 「パスワード時代の終わり」が視野に?

    パスワードは導入しやすく、理解しやすいという利点があるが、安全性が懸念されたり、セキュリティ担当者やユーザーが扱いに頭を悩ませる場合がある。そうした中、パスワードの終焉が視野に入ってきたとの見方がある。

  • AIで広がるデータ分析の近未来

    業種業態を問わず、多くの企業がデータ活用に取り組んでいる。昨今は人工知能(AI)を活用した、さまざまなアプローチが模索されている。データ分析の今後を占う、最新の技術トレンドに関する記事をまとめた。

  • アップル製品の企業活用をあらためて考える

    アップルは10月、新型の「iPad Pro」「MacBook Air」「Mac mini」を発表した。一部のデバイスは、企業への導入が進む可能性があるとの見方もある。企業におけるアップル製品活用の可能性や、アップルがエンタープライズ向けサービスを強化する動きについてまとめた。

  • IBMによるRed Hat買収の衝撃

    米国時間10月28日、IBMがRed Hatを340億ドル(約3兆8000億円)で買収すると発表し、IT業界に衝撃が走った。買収の背景や今後の見通しに関する記事をまとめた。

  • ビジョンからリアルへ--2019年のデジタル変革を占う

    2017~2018年のIT業界では「デジタル変革」の合い言葉が飛び交った。このキーワードが指すものは非常に広範だが、2019年は概念の域を飛び出していくだろう。果たしてどうなるのか。

  • エッジコンピューティングの可能性

    IoTの普及が進み、データの処理をクラウドにある中央サーバではなく、ネットワークのエッジに近いところで行う必要が高まっていることなどから、エッジコンピューティングが注目されている。

  • 2025年に向けたIT人材像とキャリアプラン--今後の生き方を探る

    主要な基幹系システムがサポート終了を迎える2025年は1つの転換点になるだろう。クラウドベースのアーキテクチャが当然となる時代に必要なIT人材像やキャリアとは、どのようなものだろうか。

  • マイクロソフトのSlack対抗コラボレーションツール「Teams」最新動向

    「Microsoft Teams」は、「Office 365」で提供されているチームコラボレーションサービスであり、「Slack」に対抗するグループチャットアプリとして注目を集めている。

PR

Special

企画特集一覧へ

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]