松岡功の一言もの申す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PR

Special

新着記事

  • 2017年は「IoT」「AI」「クラウド」の連立方程式を解き明かせ

    世界の政治と経済の先行きが見えづらい中で迎えた2017年。そんな時だからこそ、企業にとってはイノベーションが一層求められる。ITはそれを支援する重要な役割を担う。そのITとはどんなものか。

  • 企業はサイバー攻撃者を見極める能力を磨け

    企業のサイバーセキュリティについては、とかく「防御」ばかりに話が集中しがちだが、「サイバー攻撃者を見極める能力を磨け」とのメッセージを耳にした。2016年最後の本コラムはこのメッセージをもの申す一言としたい。

  • 「日本型IoT」を世界に発信せよ

    「日本の製造業におけるIoT(Internet of Things)活用には、日本ならではの取り組みがある。それを日本型IoTソリューションとして発信していきたい」――アビームコンサルティングがこう語る「日本型IoT」とはどんなものか。

  • セールスフォースがEコマース運営に乗り出す日

    米Salesforce.comがEコマース(電子商取引)事業に乗り出した。企業がEコマースを展開する際のプラットフォームをクラウドサービスで提供するものだが、同社自身がEコマースの運営に乗り出すことはあり得るのか。

  • なぜHPEはOpenStack資産を売却するのか

    HPEがOpenStackとPaaS向けのCloud Foundry関連の技術および人材を、独SUSEに売却する契約を結んだ。HPEがクラウド事業から完全に撤退するようにも見て取れる。

  • 顧客のデジタル化に対応--NECと富士通のSE子会社再編は奏効するか

    NECと富士通が相次いで国内SE子会社の再編に乗り出した。NECは分散していた子会社を1つに、富士通は3社を吸収合併した。両社に共通する大きな要因はデジタルビジネスへの対応だが、果たして奏効するか。

  • マカフィーが狙う「セキュリティ業界のプラットフォーマー」

    マカフィーがサイバー脅威情報をセキュリティ業界で共有する取り組みを提案した。業界を挙げてサイバーセキュリティ対策に取り組む姿勢を示したものだが、果たして大きく広がる動きとなるか。

  • レノボの戦略転換にみるサーバ市場の変貌

    サーバやストレージなどで構成されるITインフラの姿がここにきて変わりつつある。キーワードは「Software-Defned Infrastructure(SDI)」だ。果たして、どのように変わりつつあるのか。

  • IBMはIaaSでAWSと戦い続けるのか

    IaaSは「SoftLayer」、PaaSは「Bluemix」とこれまで別々だったクラウドサービスのブランドをBluemixに統合したIBM。IaaSに注力しなくなるのでは、とも受け取れるが、果たしてどうか。

PR

Special

企画特集一覧へ

PRSpecial