松岡功の一言もの申す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

  

記事一覧

  • 損保大手の先進事例にみる「マルチクラウド」形態とは

    大手保険会社がITベンダーなど7社と共同で先進の事故対応サービスを開発した一大プロジェクトで、興味深いマルチクラウド形態が浮き彫りになった。果たして、どんなものか。

  • 顧客とのミーティングにもテレワーク利用のススメ

    働き方改革を支援するテレワーク。その中核技術であるテレビ/ウェブ会議システムが、社内だけでなく顧客や協業会社ともつながる異種混合利用の環境が整備されつつあるようだ。これは生産性向上への大きな弾みになるのではないか。

  • メガクラウドの一角を狙うオラクルに勝機はあるか

    メガクラウドの一角への食い込みを狙うOracle。日本でも先進の技術による自前のデータセンターや多彩なサービスを整備した。果たして同社に勝機はあるか。

  • 「7pay」問題にみる決済システムのセキュリティ事前チェックに対する法整備の必要性

    コンビニ最大手セブン-イレブンのスマートフォン決済サービス「7pay(セブンペイ)」の不正アクセス問題で、セブン&アイ・ホールディングス(HD)は8月1日、同サービスを9月末で廃止すると発表した。本稿ではこの問題を考察したい。少なくとも決済システムのセキュリティについては、事前チェックを強制的に行えるようにする法整備が必要ではないか。

  • DX支援事業に注力するオラクルならではの思惑

    今やITベンダーがこぞって注力しているデジタルトランスフォーメーション(DX)支援事業。日本オラクルもこのほど専任の推進組織を設けて本腰を入れ始めた。その発表会見で説明を聞いていると、この事業に注力する同社ならではの思惑があるようだ。

  • 「世の中を変える気概で挑め」--IIJ鈴木会長が次世代へメッセージ

    「日本企業は特定の領域でもいいのでプラットフォーマーになってやろうとの気概を持ってほしい」――。こう語るのは、インターネットイニシアティブ(IIJ)の鈴木幸一会長だ。日本のICT業界のご意見番と目される同氏がこのメッセージに込めた意図は何か。

  • 「衝撃」のその後--シェアリングエコノミーの最新状況

    ここ2年ほどで一気に注目を集めた印象がある「シェアリングエコノミー」。「衝撃」の登場からその後の状況はどうか。PwCコンサルティングが行った最新の調査結果からポイントを取り上げ、考察してみたい。

  • グーグルに買収されるルッカーの幹部が語った思いとは

    米Googleによる買収が1カ月前に発表されたBI(ビジネスインテリジェンス)ソフトベンダーの米Looker Data Sciences。Lookerサイドでは、この動きをどのように受け止められているのか。米本社の幹部と日本法人の責任者に聞いてみた。

  • ワークデイとリセラー契約を結んだ日本IBMの思惑

    日本IBMとワークデイが先頃、ワークデイのSaaSサービス「Workday Human Capital Management(HCM)」の国内販売でリセラー(再販)契約を結んだと発表した。日本国内でワークデイとの再販契約は日本IBMが初めてとなる。果たして、日本IBMの思惑とは――。

PR

Special

企画特集一覧へ

PRSpecial

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]