松岡功の一言もの申す

「物流の2024年問題」をサステナブルな社会への変革と捉えよ

松岡功

2024-03-14 10:02

 「物流の2024年問題」が間近に迫り、企業は対応を急いでいる。そうした中で、サプライチェーン管理分野に注力するパナソニック コネクトが、この問題解決に向けて新たな技術を開発した。この機に、物流の2024年問題について一言もの申したい。

パナソニック コネクトが物流の問題解決へ新技術を開発

 物流の2024年問題とは、働き方改革関連法が施行され、トラック運転手の時間外労働に年間960時間の上限が課せられることにより、人手不足が慢性化している物流業界が十分な運転手を確保できず、安定的な長距離輸送が困難になる懸念があることだ。同法が2019年に施行された際にトラック運送業への適用が特例で猶予されていたが、2024年3月末で終了するため、喫緊の対応が迫られている。

 そうした中、パナソニック コネクトがこの問題解決に向けて新たな技術を開発し、このほど発表した。倉庫業務を効率化してトラックの荷待ち時間を大幅に削減できる「タスク最適化エンジン」と、ロボット制御やセンシング、AIなどの技術を組み合わせて一元制御できる「ロボット制御プラットフォーム」がそれだ。

 発表会見での説明内容については関連記事をご覧いただくとして、本稿では物流の2024年問題の根本的な捉え方について考察したい。

 パナソニック コネクトの会見では、同社 現場ソリューションカンパニー 現場サプライチェーン本部 エグゼクティブコンサルタント/エバンジェリストの一力知一氏が、物流の2024年問題に代表されるサプライチェーンの本質的な課題として、「倉庫作業の人手不足やコストの増加」および「倉庫内トラックの待機時間」の2つを挙げた(図1)。

図1:2024年問題に代表されるサプライチェーンの本質的な課題(出展:パナソニック コネクトの会見資料)
図1:2024年問題に代表されるサプライチェーンの本質的な課題(出展:パナソニック コネクトの会見資料)

 特に倉庫内で発生する待機時間については、「荷待ちがあるトラック1運行あたりの平均拘束時間は全体で12時間余りのうち、荷待ちと荷役で3時間以上にもなる」(一力氏)とのこと。今回、同社が発表した新技術は、こうした課題を解消しようというものだ(図2)。

図2:サプライチェーンにおける大きな課題(出展:パナソニック コネクトの会見資料)
図2:サプライチェーンにおける大きな課題(出展:パナソニック コネクトの会見資料)

 パナソニック コネクトのデジタル技術を活用した取り組みが、物流の2024年問題への対応策として大きな効果を生み出していくことを期待したい。

 そこでこの機会に、この問題の捉え方について、以下に筆者の意見を述べたい。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]