編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」
新潮流Device as a Serviceの世界

オンプレとAzure間のAD連携「HAAD参加」の落とし穴と対策

松尾太輔 (横河レンタ・リース)

2022-08-29 06:00

 今回は、「Hybrid Azure Active Directory Join」(ハイブリッド Azure AD 参加。以下HAAD参加)について解説します。なお、あらかじめ申し上げますと、HAAD参加はあくまで最終手段であり、HAAD参加ありきで検討するものではありません。

 Azure ADや「Windows Autopilot」(以下、Autopilot)の世界は、「Azure AD 参加」がスタンダードです。HAAD参加は、どうしてもオンプレミスのActive Directory(以下、オンプレAD)に参加しなければならないケースのために、緊急避難的に用意されているものです。ですから、「既存のオンプレADがよく分からないし、必要かどうかも分からないから、とりあえずHAAD参加で!」と検討するものではありません。

 HAAD参加には、前提となるOU(Organizational Unit:組織単位)の構成など複雑な前提条件があり、「よく分からないからHAAD参加で」とするようなものではないのです。またHAAD参加は、後から加わった機能ということも認識しておきましょう。たぶん困った顧客がおり、Microsoftも最初からHAAD参加の提供を想定していたわけではないのだと思います(筆者の私見ですが)。

 つまり後付けですから、かなり無理な部分があります。特にAutopilot中のAzure ADとオンプレAD間の「コンピューター オブジェクト」の同期には、かなりの時間がかかります。そもそもクラウドはオンプレとの連携が苦手ですので、HAAD参加の導入は、いたずらにユーザーの負担を増やすことになりかねません。

 よくある思い違いに、「オンプレADに参加しない=オンプレADを廃止する」と思ってしまうケースがあります。これは、正しくありません。あくまでAutopilotによりセットアップしたPCをオンプレADに参加させるか否かだけの話です。オンプレADを必ずしも廃止する必要はありません。

 オンプレADとAzure ADを同期させるには、「Azure AD Connect」(以下、AAD Connect)が構築されていればOKです。前回説明した通り、AAD ConnectさえあればオンプレADに参加しているファイルサーバーとの認証には差し支えありません。認証に問題なければ、あとはPCの制御(オンプレADのグループポリシー)を「Microsoft Intune」(以下、Intune)で行えれば、基本的にはオンプレADに参加する必要はありません。

 Autopilotの導入では、原則として「Azure AD参加(=オンプレADに参加しない)」を検討しましょう。オンプレADへの参加が不要かどうかの確認は、PCをAzure AD参加のみにした状態で使ってみてください。AAD Connectでアカウントが同期されていれば、ほとんどのシステムを問題なく利用できるはずです。検討においては、グループポリシーも重要ですので、その辺は前回の記事をご覧ください。

 その上でどうしても、オンプレADの参加が必要な場合に、HAAD参加を検討します。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]