編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」
中国ビジネス四方山話
特集

中国ビジネス四方山話

これから中国への進出や中国企業との取引を検討している日本国内企業の人、または進出企業の人、現地出張などを控えている人の参考になる情報をお届け。中国の市況や人々のITとの関わり方、ビジネス上のキーポイントなどを簡潔に、分かりやすく説明する。

PR

記事一覧

  • 死後のデータをどう扱うべきか--中国のネットユーザーがデジタル遺産で論議

    死後のデータをどう扱うべきか--中国のネットユーザーがデジタル遺産で論議

    2021年の話だが、中国ネット界隈の一部で死後の「データ」、いわゆるデジタル遺産が話題になった。デジタル遺産というと、電子マネーや仮想通貨、デジタル化された金融資産などが挙げられるが、ここではネット交流サイト(SNS)アカウントなどの個人情報を、ユーザーの死後どのように扱うべきか考察する。

    2022-03-24 07:00

  • 中国で監視を強化する企業にネットユーザーが反発、その背景にあるもの

    中国で監視を強化する企業にネットユーザーが反発、その背景にあるもの

    中国ネット最大手、阿里巴巴集団(アリババグループ)の金融企業である螞蟻集団(アントグループ)のネット互助保険「相互宝」(旧称、相互保)が2022年1月28日に終了する。

    2022-02-25 07:00

  • 中国で話題だったネット互助保険「相互宝」が失敗した理由

    中国で話題だったネット互助保険「相互宝」が失敗した理由

    中国ネット最大手、阿里巴巴集団(アリババグループ)の金融企業である螞蟻集団(アントグループ)のネット互助保険「相互宝」(旧称、相互保)が2022年1月28日に終了する。

    2022-01-13 07:00

  • 学校への監視カメラ設置でもなくならない中国のいじめ問題

    学校への監視カメラ設置でもなくならない中国のいじめ問題

    日本の文部科学省に相当する中華人民共和国教育部は2021年8月、幼稚園~高校および学校以外の全ての教室に監視カメラを設置し、警備員を配置するよう指示した。既に多くの学校が監視カメラを備えているので、まだ導入していない学校に念押ししたという意味合いが強い。

    2021-12-13 07:00

  • フードデリバリー先進国の中国で進む、デリバリー配達員の待遇改善

    フードデリバリー先進国の中国で進む、デリバリー配達員の待遇改善

    キャッシュレス決済とほぼ時を同じくして成長した中国のフードデリバリー業界サービス事業者は「美団(メイトゥアン)」と「餓了麼(ウーラマ)」の二強状態であり、約800万人いるデリバリー配達員はいずれか、あるいは両方に登録している。基本的には貧しい地域からの労働者がデリバリー配達員となることによって成り立っている。フードデリバリーの普及が進む一方で、さまざまな問題が発生している。

    2021-10-29 07:00

  • 中国ネット企業の顧客囲い込みに変化--政府が外部サービスへのリンク要求

    中国ネット企業の顧客囲い込みに変化--政府が外部サービスへのリンク要求

    中国政府の情報産業省に当たる工信部(工業和信息化部)は9月18日、「中国の各インターネットサービスは、競合企業であろうと他社の外部サービスへのリンクを用意しなくてはならない」と発表した。

    2021-10-12 09:32

  • テンセントらに青少年モード搭載を迫る中国と回避する子供たち

    テンセントらに青少年モード搭載を迫る中国と回避する子供たち

    騰訊(テンセント)を相手に、北京市の検察庁に当たる人民検察院が、未成年者保護に関する法律に違反していると提訴した。既にゲームで改善が要求されている同社への新たな改善命令になる。順を追って説明していこう。

    2021-08-10 09:32

  • 中国警察が犯罪発見にビッグデータを活用

    中国警察が犯罪発見にビッグデータを活用

    日本では一時期、タピオカミルクティー専門店が続々とオープンしたが、中国でもジュース専門店が増えている。そうした中で、ジュースチェーンの開店詐欺が話題になった。

    2021-07-28 07:00

  • 中国でのソニー炎上騒動に見る正しい対処方法

    中国でのソニー炎上騒動に見る正しい対処方法

    ソニーの中国法人は6月30日、現地時間7月7日22時に世界に向けてカメラの新製品を発表すると予告したが、そのことが中国のミニブログ「微博(Weibo)」を中心に批判が上がった。「7月7日22時」というのは、かつて盧溝橋事件(1937年)が勃発した日時であり、このタイミングで日本に関する明るい話題を中国で発表するのは政治的にタブーとなっている。ソニー中国は翌日の7月1日に謝罪文を出し、予定していた発表を延期した。

    2021-07-20 07:00

企画特集 PR

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]