開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセスランキング

  1. 1フルスタックで行こう!--これからのエンジニアが目指すべき姿
  2. 2インテルキャピタル、新たに16社の投資先を発表--13歳創業者の企業へも
  3. 3マイクロソフト、「Visual Studio 2015」プレビュー版を公開--新たな無償版も
  4. 4ソフトがビジネスをドライブする--CAが力説する“アプリケーション経済”の重要性
  5. 5約30ドルの超小型コンピュータ「Raspberry Pi」でスパコンを自作しよう

新着記事

  • 芝麻信用の信用スコアで進むレンタルビジネス

    芝麻信用の信用スコアは、日本でもQRコード決済で知られる電子決済プラットフォームの「支付宝(アリペイ)」の利用状況や、個人情報の登録具合で、利用者がどれほど信用できるかを数値化したものだ。

  • マルウェアのターゲットになる中国製IoT機器

    2020年頃には各国が多接続が強みの5Gの商用化がはじまり、世界中でモノのインターネット(IoT)機器が家庭やスマート工場や車などに導入されていく。

  • アプリ内ミニプログラムは如何に普及したか

    「微信小程序(WeChatミニプログラム)」という、騰訊(Tencent)の微信(WeChat)内で動くインストール不要のクラウドアプリが、今年の1〜3月に急増している。

  • テンセント、ゲームの世界にも信用スコアを導入

    「信用社会」を目指す中国で、ネットユーザー各人が信用に値するかどうかを示す「信用スコア」の普及が進んでいる。中でもアントフィナンシャルによる「芝麻信用(ZHIMA CREDIT)」が有名だ。

  • 世界消費者権利デーで見えた中国人消費者の権利意識の向上

    3月15日は世界消費者権利デーであり、中国ではこの日は国営全国テレビ局の中国中央電視台(CCTB)が、消費者を代表しさまざまなサービスや製品を問題視する番組を放映することが話題となる。

  • シェアビジネスブームで登場したシェア傘が最低評価の理由

    シェアサイクルで一気に話題となった中国のシェアサービス。その後スマートフォンのバッテリーをレンタルするシェアバッテリーやシェア傘をはじめとして、さまざまなシェアサービスが登場した。シェアバッテリーはシェアサイクルほどではないものの、そこそこ市民権を得て、モールやレストランなどさまざまなところに設置されるようになった。シェア傘は誕生して約1年が経過し、「有傘」「春筍雨傘」「摩傘」「魔力傘」「e傘」「漂流傘」「jj傘」「uu傘」といったサービスが次々と登場した。

  • 高齢者にECでモノを売る時がきた

    中国の高齢者がECサイトでモノを買うようになってきている。数年前まで中国のインターネットでの消費は、大学生から40歳くらいまでだったが、近年は高齢者もネットで消費するようになったようだ。

  • DevOpsソフトウェア市場は前年比16%増--IDC

    IDC Japanは2月20日、2017年の国内DevOpsソフトウェア市場規模実績と2022年までの市場規模予測を発表した。

  • 日本人を上回った中国中産階級のリアル

    最近発表された中国の中産階級のレポートをまとめてみると、これがおそらく日本人にとって予想外であろう数字が並んでいる。これを紹介したい。

PR

Special

企画特集一覧へ

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]