開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

アクセスランキング

  1. 1フルスタックで行こう!--これからのエンジニアが目指すべき姿
  2. 2インテルキャピタル、新たに16社の投資先を発表--13歳創業者の企業へも
  3. 3マイクロソフト、「Visual Studio 2015」プレビュー版を公開--新たな無償版も
  4. 4ソフトがビジネスをドライブする--CAが力説する“アプリケーション経済”の重要性
  5. 5約30ドルの超小型コンピュータ「Raspberry Pi」でスパコンを自作しよう
  

記事一覧

  • 顔認証や信用スコアなどで広がる中国のネット中古取引

    中国においては見ず知らずの個人間において信用がない前提で、仲介人なしに使用済みの製品を売買することなどできなかった。そんな中古売買に、EC大手の阿里巴巴(Alibaba)や騰訊(Tencent)、京東(JD)が参入。中国でネット経由の中古販売が普及しようとしている。

  • 世界をリードするブロックチェーン活用と市場動向

    ブロックチェーンをビジネスに活用する取り組みが広がっている。例えば、ブロックチェーンの特徴である分散型台帳技術を用いて食品のトレーサビリティシステムを構築したり、国際貿易プラットフォームの構築を目指したりといった動きがある。ブロックチェーンの活用について、最新の動向をまとめた。

  • 阿里巴巴のコネクテッドカーで鍵を握る「AliOS」「斑馬」「MARS」

    中国のインターネット業界をリードするビッグ3「BAT」、すなわち百度(Baidu)、阿里巴巴(Alibaba)、騰訊(Tencent)のうち、百度は主に自動運転について注力する一方、阿里巴巴はコネクテッドカーについて注力している。阿里巴巴はもはやECサイトにとどまらない。

  • 今注目の人気プログラミング言語

    機械学習のブームに乗って、プログラミング言語「Python」の人気が上がり続けている。Pythonの人気が今後、「C++」を追い越す可能性が高いとして話題になる一方で、新しい言語「Julia」にも注目が集まっている。

  • 中国の老人が「TikTok」を使いだした

    現在、老人のインターネットユーザーは、老人人口比の2割程度である8000万人超となっている。写真を撮ったり、微信を送受信したりするばかりの中高年は少なくない。一方で、それ以上にアプリを入れて活用する中高年も少なくない。

  • 2018年上半期でさらに進んだ中国ネット業界

    8月に中国互聯網信息中心(CNNIC)から最新のインターネット統計「第42次中国互聯網絡発展状況統計報告」が発表された。それによると、中国のインターネット利用者は8億人を突破し、8億200万人となった。

  • コンテナの台頭で仮想マシンの未来に暗雲--Diamanti調査

    ベアメタルのコンテナを手がけるDiamantiが576人の調査によると、大企業はコンテナの採用によって、商用の仮想化技術に対する依存を減らし、コストを削減しているという。

  • 中国のポータル争奪戦は「企業限定格安SIM」が一つの柱に

    中国の大手オンラインサービス各社は、キャリアと手を組んだサービスによる拡大競争を繰り広げている。「格安SIM」の競争は日本でも見られるが、中国市場ではどのような様相にあるのだろうか。

  • 中国の海賊版環境は如何に改善したか

    中国はすごいという声をよくネット上で目にするようになった。中国はすごいの中でも特に出てくるのが、「中国のITはすごい」という声だろう。昔の中国ITといえば、「海賊版天国」や「ファミコン互換機」をはじめとしたB級テイストのモノやコトばかりだったように思う。

PR

Special

企画特集一覧へ

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]