開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

アクセスランキング

  1. 1フルスタックで行こう!--これからのエンジニアが目指すべき姿
  2. 2インテルキャピタル、新たに16社の投資先を発表--13歳創業者の企業へも
  3. 3マイクロソフト、「Visual Studio 2015」プレビュー版を公開--新たな無償版も
  4. 4ソフトがビジネスをドライブする--CAが力説する“アプリケーション経済”の重要性
  5. 5約30ドルの超小型コンピュータ「Raspberry Pi」でスパコンを自作しよう
  

記事一覧

  • コンテナの台頭で仮想マシンの未来に暗雲--Diamanti調査

    ベアメタルのコンテナを手がけるDiamantiが576人の調査によると、大企業はコンテナの採用によって、商用の仮想化技術に対する依存を減らし、コストを削減しているという。

  • 中国のポータル争奪戦は「企業限定格安SIM」が一つの柱に

    中国の大手オンラインサービス各社は、キャリアと手を組んだサービスによる拡大競争を繰り広げている。「格安SIM」の競争は日本でも見られるが、中国市場ではどのような様相にあるのだろうか。

  • 中国の海賊版環境は如何に改善したか

    中国はすごいという声をよくネット上で目にするようになった。中国はすごいの中でも特に出てくるのが、「中国のITはすごい」という声だろう。昔の中国ITといえば、「海賊版天国」や「ファミコン互換機」をはじめとしたB級テイストのモノやコトばかりだったように思う。

  • 中国ITのすごさを印象付けた10のモノ・コト

    中国はすごいという声をよくネット上で目にするようになった。中国はすごいの中でも特に出てくるのが、「中国のITはすごい」という声だろう。昔の中国ITといえば、「海賊版天国」や「ファミコン互換機」をはじめとしたB級テイストのモノやコトばかりだったように思う。

  • 中国で普及するシェアバッテリは儲かるのか

    シェアサイクルに続き中国の都市部の住民に身近なシェアサービスといえば、スマートフォン用のモバイルバッテリーを時間レンタルできる「シェアバッテリ」だろう。

  • 「起立!」「着席!」で出席数を顔認証カウントする最新学校事情

    「起立!」――クラス委員の声に教室で全員が起立し数秒後、「着席!」の声とともに座る。立っている数秒間に3つのカメラが出席者の顔認識を行い、全員の出席確認を完了する。最新IT技術を導入する浙江省杭州市拱墅区にある杭州第十一中学の朝の光景だ。

  • 芝麻信用の信用スコアで進むレンタルビジネス

    芝麻信用の信用スコアは、日本でもQRコード決済で知られる電子決済プラットフォームの「支付宝(アリペイ)」の利用状況や、個人情報の登録具合で、利用者がどれほど信用できるかを数値化したものだ。

  • マルウェアのターゲットになる中国製IoT機器

    2020年頃には各国が多接続が強みの5Gの商用化がはじまり、世界中でモノのインターネット(IoT)機器が家庭やスマート工場や車などに導入されていく。

  • アプリ内ミニプログラムは如何に普及したか

    「微信小程序(WeChatミニプログラム)」という、騰訊(Tencent)の微信(WeChat)内で動くインストール不要のクラウドアプリが、今年の1〜3月に急増している。

PR

Special

企画特集一覧へ

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]