松岡功の一言もの申す

これからのワークスタイルはどうあるべきか--IBMとシスコの取り組みから探る

松岡功

2024-02-08 10:49

 これからのオフィスの在り方を含めたワークスタイルはどうあるべきか。日本IBMとシスコシステムズがそれぞれ開いた会見で、興味深い話を聞くことができたので、今回はその内容を取り上げる。

日本IBMが進める「フレキシブル・ワークスタイル」とは

写真1:日本IBM 代表取締役社長の山口明夫氏
写真1:日本IBM 代表取締役社長の山口明夫氏

 日本IBMは先頃、東京・虎ノ門の「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」に本社を移転したのを機に会見を行うとともに、新オフィスをメディアに公開した。その内容については関連記事をご覧いただくとして、ここでは会見で同社 代表取締役社長の山口明夫氏が自社の取り組みを基にこれからのワークスタイルについて話した内容を取り上げる(写真1)。

 「当社は社員をはじめ、お客さまやパートナー企業が集まりやすい場所に物理的なオフィスを設けるとともに、バーチャルでも柔軟に集まれる環境を整備している。それによって、多様で活発な議論、そしてイノベーションにつながるアイデアをどんどん創出できるようにしていきたい。そうしたオフィス環境で、縦の役職の階層や横の事業部門の壁といった従来の組織上のネックも取り払い、フラットにみんなで何をするのか、やらなければならないのかを議論し、アクションを起こしていけるようにしたい」

 同氏はさらに、オフィスの在り方について次のように語った。

 「当社は、東京で言えば、虎ノ門、箱崎、丸の内などに大きな事業所があり、その下に新宿、渋谷、品川などにあるサテライトオフィス、さらにその下に時間単位での貸しオフィスを使用できるようにしている。それに在宅勤務を加えれば、大きく4つのカテゴリーで、自分が一番働きやすくて結果を出せる場所を選び、働く時間の使い方も考えながら仕事ができる。そういうワークスタイルで活動する会社を実現しつつある」

 この山口氏の話を踏まえて、同社 執行役員 トランスフォーメーション&オペレーションズ担当の小野健二氏が紹介した3つの図が興味深い内容だったので、以下に取り上げておく。

 図1は、1970年代からの日本IBMのオフィス形態の変化を示したものだ。

図1:日本IBMのオフィス形態の変化(出典:日本IBMの会見資料)
図1:日本IBMのオフィス形態の変化(出典:日本IBMの会見資料)

 小野氏は、「オフィス環境を社員の働き方に連動してトランスフォーメーションしてきた」と説明した。そして今、「フレキシブル・ワークスタイル」とあるのが、山口氏が話した内容を表現したキーワードである。

 図2は、同社が「お客さまや社会、社員に対して」目指す姿を記している。

図2:日本IBMが目指す姿(出典:日本IBMの会見資料)
図2:日本IBMが目指す姿(出典:日本IBMの会見資料)

 小野氏によると、「当社はこれらの目標達成に向けてさまざまな取り組みを行っており、オフォス戦略もその重要なポイントの1つ」とのことだ。

 図3は、図2の目指す姿を実現するこれからの日本IBMの行動様式を従来と比べながら記したものである。

 小野氏は、「これからの行動様式に合わせてオフィスをどう整備していくか。慎重でありながらも大胆に取り組んできた結果が、新本社をはじめとした、フレキシブル・ワークスタイルを実現するワークプレイスの姿だ」と力を込めた。

図3:目指す姿に向けた行動様式の変化(出典:日本IBMの会見資料)
図3:目指す姿に向けた行動様式の変化(出典:日本IBMの会見資料)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]