編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

太平洋セメント、「Notes/Domino」から刷新で3000人のワークスタイルを変革

NO BUDGET

2021-06-18 15:20

 太平洋セメントは、ドリーム・アーツが提供するグループウェア「InsuiteX」とウェブデータベース&ワークフローシステム「SmartDB」を2020年12月に導入した。現在、ワークスタイル変革を目的に従業員約3000人で利用しており、グループ会社にも展開を予定している。

ドリーム・アーツ製品の導入前と導入後
ドリーム・アーツ製品の導入前と導入後

 InsuiteXは、大企業の働き方を変える“ビジネスコックピット”として設計・開発されたSaaSで、情報共有や意識共有のプラットフォームとして利用される。SmartDBは、大企業向けの“業務デジタル化クラウド”としてワークフローとウェブデータベースの機能を備える。

 太平洋セメントでは、これまでグループウェア「Notes/Domino」を20年以上利用しており、2000件に及ぶデータベース(DB)が存在していた。

 しかし同製品は、クライアント/サーバー型ソフトウェアのため、オフィス以外からの情報共有が困難であることや、情報検索がしにくいなどの課題があった。またPCでの閲覧を前提とした情報の表示形式であったため、スマートフォンなど利用環境に合った表示ができなかった。

 そこで、会社の仕事は全てInsuiteXを入り口にして進めることができるようにし、ポータルやワークフロー、ウェブデータベースなどシステム全体を見直した。また、同時にメールやチャットの利用で「Microsoft 365」も導入を決め、ドリーム・アーツ製品と連携していく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]