編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

水ing、業務デジタル化で2000人のワークスタイルを変革

NO BUDGET

2021-08-19 10:15

 水処理施設の設計・建設を手がける水ingは、ドリーム・アーツのウェブデータベース&ワークフローシステム「SmartDB」を導入。約2000人が利用するワークフロー基盤として活用する。

 同社は2019年、従業員の働き方や働く場所の制約を取り払い、生産性を向上させることを目的に、システム基盤をクラウドサービスの活用中心に構築する方針を打ち出し、クラウドベースのワークフローシステムの導入を目指した。

 水ingグループは、水ingを親会社とし、水ingAMと水ingエンジニアリングなどの中核子会社を含む、複数の企業で構成されている。製品選定においては、個社ごとのワークフローだけではなく、子会社から親会社へのワークフローといった、会社をまたぐワークフローの電子化に対応できることを重視した。また、申請ワークフローを回付できるだけでなく、同時に文書管理としての活用可能なWebデータベース機能を有することもポイントとなった。

Microsoft Teamsの「SmartDBアプリ」の利用イメージ
Microsoft Teamsの「SmartDBアプリ」の利用イメージ

 SmartDBについては、これらのニーズに対応できることや、Microsoft Teams内で稼働する「SmartDBアプリ」を活用することで、Teams上でワークフローの承認や差し戻しなどができることも大きく評価したという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]