常石造船、設計工程のデジタル化を推進--設計業務で年1万3000時間の削減を目指す

NO BUDGET

2021-06-09 17:00

 常石造船は、ドリーム・アーツが提供するウェブデータベース&ワークフローシステム「SmartDB」を導入し、6月に本格利用を開始した。

 同社では、SmartDBに関して十分な検証作業を進めた上で導入効果を試算。設計工程におけるサブ業務の作業を年間1万3000時間削減する目標を立てている。また、出図における仕様検討のやりとりから図面管理までをデジタル化できる点を評価した。

 SmartDBのワークフロー機能によりタスクの進行状況が見えるようになり、これまで以上に納期順守を徹底できるようになることが期待される。また、データベース機能により登録データは緻密に権限管理され、どのデータが最新であるかが明確になる。さらに検索機能では蓄積されたデータから必要なデータを容易に発見できるようになった。

SmartDBによる業務のデジタル化イメージ
SmartDBによる業務のデジタル化イメージ

 常石造船はこれまでも設計業務におけるデジタル活用に関して多くの取り組みを行ってきた。しかし新型コロナウイルス感染症の流行により、紙業務のデジタル化を進めることとなり、設計業務において紙で管理していた帳票はExcelやPDFに、ワークフローはメールや電子スタンプに置き換えた。

 だが全社的に統一したワークフローを確立する前に電子化のみを先行したために部分最適が残り、タスクの進捗管理における不備や誤操作によるデータの紛失など、業務遂行に影響の出る課題が発生していた。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]