ドリーム・アーツ、「ひびき Sm@rtDB」でシステム間連携機能オプションを提供

NO BUDGET

2018-12-28 12:01

 ドリーム・アーツは12月26日、BPM型ウェブデータベース「ひびき Sm@rtDB(スマートDB)」のシステム間連携機能オプションを、次期バージョン(Ver4.2)以降の製品で利用できるようにすると発表した。

 同オプションは、クラウド/オンプレミスといったシステム環境を気にすることなく、「スマートDB」と「Office 365」のExcelなどさまざまな外部アプリケーションとの連携を可能にするもの。例えば、システム開発プロジェクトの課題管理業務において、プロパー社員による課題管理は「スマートDB」上で一元管理をしているにも関わらず、社外のパートナーは「スマートDB」にアクセスできないため、仕方なくExcelファイルを利用するケースがある。

 しかし、同オプションを使えば、Excelと「スマートDB」を連携させ、Excelを更新するだけで「スマートDB」も同期され、ファイルを添付したメールによる煩雑なやり取りが不要になる。また、外部パートナーのExcel入力作業自体を変えることなくリアルタイムでの一元管理を実現し、作業者および管理者の業務時間を大きく削減、さらにミスの低減にもつなげることができる。

 さらに、「Azure Logic Apps」で用意されている多数のアプリケーションコネクタと「スマートDB」を連携させることで、エンタープライズ業務の幅が格段に広げることが可能となる。同オプションはオープン価格で、2019年春に正式提供する予定。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]