Meta、無料で商用利用できる「Llama 2」を発表--マイクロソフトやクアルコムと協業

Corinne Reichert (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2023-07-19 12:13

 Metaは米国時間7月18日、同社の大規模言語モデル(LLM)の次世代版である「Llama 2」が、Microsoftとの提携の下、無料で商用利用できるようになったことを発表した

Metaのロゴを表示したスマホ
提供:James Martin/CNET

 LLMは、OpenAIの「ChatGPT」や、Googleの「Bard」といった生成型の人工知能(AI)チャットボットを支えている。Microsoftは2023年に入り、AIを活用した「Bing」の提供を開始しており、これには「GPT-4」が用いられている。

 Microsoftは今回の提携により、「Azure」クラウドコンピューティングサービスと「Windows」上で、Llama 2へのアクセスを提供する。ただしLlama 2は、Amazon Web Services(AWS)をはじめとする他のプロバイダーのサービスを通じても提供される。

 Llama 2はオープンソース化されており、無料で研究目的や商業目的で利用可能だが、Microsoftのエンタープライズホスティングサービスに対する使用料の支払いは必要だ。

 Metaは発表に「われわれは今日のAIモデル、特に生成型という分野におけるモデルの発展にとって、オープンなアプローチが適切だと確信している(中略)AIモデルがオープンなかたちで利用できれば、皆が利益を享受できるようになる」と記している。

 また同社は、LLMが無料かつオープンであれば、多くの研究者や開発者によって負荷テストが実施できるとともに、より早期に問題を発見し、解決できるようになるため、LLMは「より安全」になるとも記している。

スマートフォン上のLlama 2

 Qualcomm Technologiesも、スマートフォンやPC上でLlama 2を活用したAIの実装を2024年より提供すべく、Metaと協業しているという。

 Qualcommは18日の発表に、「これにより顧客やパートナー企業、開発者は、インテリジェントなバーチャルアシスタントや生産性向上のためのアプリケーション、コンテンツ生成ツール、エンターテインメントといったさまざまなユースケースを生み出せるようになる。『Snapdragon』がもたらす新たなオンデバイスAIエクスペリエンスにより、携帯電波の届かない場所や、機内モードであっても作業が可能になる」と記している。

 同社の「Snapdragon 8 Gen 2」は現在、サムスンの「Samsung Galaxy S23」シリーズに搭載されている。またQualcomm製プロセッサーはその他のさまざまなスマートフォンやコンピューターブランドで採用されている。

 Metaによると、「Llama 1」は2月の公開以来、アクセスのリクエストが10万件を超えているという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]