MetaMoJi、労災対策にAIを活用したソリューション

ZDNET Japan Staff

2023-07-04 15:55

 MetaMoJiは7月4日、企業での労働災害(労災)における安全対策にAIを活用する「安全AIソリューション」の提供を開始すると発表した。今後生成AIと連携させ、発生していない労災リスクに備えられるようにする。

 同社は、2022年7月から先行試用企業で安全AIソリューションの効果検証を進め、良好な結果を得られたことから正式提供に至ったと説明する。労災における従来の安全対策は、企業が実際に経験した労災報告書を用いて具体的な方策を講じるものだったが、発生していない労災を事前に察知して対策することに限界があったという。

 今回の安全AIソリューションでは、まず組織内外に散在するさまざまな労災情報を「IMTOC」(業種・起因物・事故の型・作業その他条件・直接原因で類型化、表現する手法)によってデータベース化し、「自然言語処理AI」を使ってリスク予測データベースを自動構築する。これを活用してデータサイエンスに基づく分析を行い、リスクを自動判定する。

 算出したリスクなどの情報をMetaMoJiの業務アプリケーション「eYACHO」や「GEMBA Note」に労災情報として登録し、職種や使用機械、予測される災害などから「Dynamic Checklist」などの帳票を生成し、安全対策を行えるとする。

 また、生成AIを活用して今回の安全AIソリューションを進化させ、まだ発生していない労働災害のリスクを網羅し、労災の未然予防に役立てることが期待されるとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]