米ノベルのopenSUSEプロジェクトが、 オープンソース・コミュニティの支持を受ける

コミュニティの成長、新規SUSE Linuxインストールの急増、 参加者の増加が関心と支持の高さを反映

ノベル株式会社 2005年09月15日

米国ノベル社(以下 ノベル、米国マサチューセッツ州ウォルサム)がスポンサーとなって8月初めに開始されたオープンソースのLinuxプロジェクトであるopenSUSE.orgは、力強い立ち上がりを見せ、開発コミュニティとエンドユーザの双方から、幅広い関心と支持を集めています。Novell(R) SUSE(TM) LINUX(以下 SUSE LINUX)ディストリビューションのインストール登録は、当初の数週間で1日5,000以上に達しました。18秒ごとに1回のダウンロードが行われている計算になります。openSUSE.orgの登録メンバーもすでに4,500名以上に達し、学生、大企業のITプロフェッショナル、オープンソース開発者、長年にわたるLinux愛好家など、様々な技術コミュニティからの参加が見られます。これにより、Linuxのさらなる普及と、世界でもっとも使いやすいLinuxを開発するという目標の達成に向け、力強い推進力を持つことになりました。

このopenSUSE.orgプロジェクトを通じ、Linuxの開発者、デザイナ、ユーザは既存のNovell SUSE LINUX 9.3ディストリビューションを活用するとともに、このディストリビューションの次期バージョン、Novell SUSE LINUX 10.0(以下SUSE LINUX 10.0)の開発に参加することができます。パブリック・レビューを円滑に行えるようにするため、openSUSEプロジェクトは先月すでに5回にわたり、SUSE Linux 10.0のベータ版(プレリリース版)を提供しました。これらのバージョンは12,000回以上ダウンロードされ、インストールされています。コミュニティメンバーはopenSUSEプロジェクトに対し、500以上のバグを報告しており、SUSE Linux 10.0の全体的な品質向上に貢献しています。

コミュニティはまたopenSUSE.org wikiに直接参加しており、100以上のWebページが加わって、先月の開始以来、同サイトのコンテンツを2倍に増加させています。質問もコミュニティ内で行われ回答される傾向が強まっており、プロジェクトとディストリビューション双方の品質向上を促進するやり取りが行われています。

openSUSEプロジェクトは、急速に国際的な活動となりつつあります。このプロジェクトは、すでにオンラインコンテンツの一部あるいは全体を各国語に翻訳すべきであるというユーザからの要請を多数受けています。中国ではフル機能のopenSUSEサイト、openSUSE.org.cnがノベルの後援によって8月中旬に開始されました。これにより、急成長する中国のオープンソース・コミュニティは初めて、グローバルなLinuxディストリビューションの開発に直接参加できるようになりました。

openSUSEプロジェクトについてより詳しくは、www.opensuse.org をご覧ください。


◇ ノベルについて
Novell, Inc. (米国本社) は、43カ国、50,000社以上のお客様企業に対し、オープンエンタープライズ向けソフトウェアを提供する先進企業です。オープンスタンダードに基づくソフトウェアを最適な組み合わせで適用し、お客様企業の技術環境における管理、簡素化、セキュリティ、システム統合を支援します。世界中の6,000人の社員と5,000のパートナ、サポートセンターによって、お客様企業がコストを削減しながら自社のIT環境をより最適に運営するためのサポートを行っています。ノベル株式会社は、Novell, Inc.の日本法人です。詳細はこちらのサイトをご覧ください。(Novell, Inc. www.novell.com/ ノベル株式会社 www.novell.co.jp)

*Novell、BrainShareは米国およびその他の国においてNovell, Inc.の登録商標です。*SUSEは米国Novell, Inc.の一部門であるSUSE LINUX Products GmbHの登録商標です。*LinuxはLinus Torvals氏の登録商標です。*その他の製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。

以 上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ノベル株式会社の関連情報

ノベル株式会社

ノベル株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR