独自の電子マネー発行を支援!

取得特許を元に電子マネーのライセンス提供を積極的に展開

株式会社ウェブマネー 2006年10月04日

この度、インターネット用電子通貨(電子マネー)として圧倒的な認知度をもち、多数のインターネットユーザーに利用されている“WebMoney”の発行元、株式会社フェイス(本社:京都市中京区 代表取締役社長:平澤創、東証一部上場 証券コード:4295)のグループ会社である株式会社ウェブマネー(代表取締役社長:溝口龍也 東京都渋谷区恵比寿1-23-23)は、日本、米国など5カ国で特許を取得している電子マネー発行、決済システムを元に、インターネット上で様々なサービスを提供している企業による独自の電子マネー発行の支援を積極的に行っていくことといたしました。

現在当社の運営するWebMoneyは、インターネット上の電子マネーとして1998年より運用を開始いたしました。当社では運用開始以前より、当社独自の「電子マネー発行、決済システム」としてその技術の新規性、独自性を確立し、健全な電子マネーの発行を継続するため、国内をはじめとした諸外国へその特許性を主張し、特許としての登録申請を行ってまいりました。これら活動の成果として、昨年(2005年)8月に登録が承認されたシンガポールでの特許取得を皮切りに、9月には台湾および韓国、10月には日本国内でも登録が承認され、昨年11月8日には米国においてその特許を取得いたしました。この特許登録により、当社が取得した国内外の特許は、日本・シンガポール・韓国・台湾に続き5ヶ国、7件となりました。

当社では、現在発行されているさまざまな類似電子マネーの運営状況を研究し、当社が取得した特許との関連性を調査した上で、2006年9月より、インターネット上で様々なサービスを提供している企業に対し、独自の電子マネー発行を行うために必要なライセンスの提供を積極的に行っていく計画です。これにより、オンラインゲームや音楽配信等のサービスを提供している企業による独自の電子マネー発行を支援したり、インターネット通販サイトにおける商品券、クーポン券としての機能を提供してまいります。

また、今後展開を計画している海外においても、当社独自の「電子マネー発行、決済システム」の技術を重要な資源として、積極的かつスピード感のある事業の立ち上げを予定しております。

当社は、“WebMoney”の発行および電子マネー発行、決済システムのライセンス提供を通じ、国内外でインターネットを利用した有償コンテンツ配信市場・EC市場の拡大、発展に貢献してまいります。

[本リリースに関するお問い合わせ先]
株式会社ウェブマネー広報担当
東京都渋谷区恵比寿1-23-23 恵比寿スクエア
TEL:03-5739-3054  FAX:03-5739-3058
URL (リンク »)
E-mail info@webmoney.ne.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ウェブマネーの関連情報

株式会社ウェブマネー

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?