市場の暴落によって変化する米国キャリア

株式会社データリソース 2004年07月05日

規制の整備や利幅の減少、競争の激化によって米国キャリア全体の市場環境が悪化した。米国の調査会社プローブグループ社によると、競争企業に対するキャリアの立場が強くなり、またライバル会社に買収で先を越されないためにも、一つの合併が別の合併が引き起こすのだという。

規制の整備、利幅の減少、競争の激化によって米国キャリア全体の市場環境が悪化した。プローブグループ社の調査レポート「米国キャリアの不振」では、米国における通信サービスの現状と合併による予測結果を分析している。

「CingularとATTの合併以降、合併の頻発が予測される」とプローブグループ社の米国キャリア調査の副社長であるLynda Starr氏は言う。「実際にそれらの合併は無線オペレータ同士と無線/有線キャリア間の双方で行われるだろう。これらは成果が現れなかったT-MobileとCingular、T-MobileとAT&T Wireless、Sprint PCSとVerizon Wirelessの合併の前から予測されていた。」特にAT&T WirelessとCingularとの合併が成功すれば、状況は変わるだろう。

「株価や市場投資が増加しているので、今の時期は合併に適している」とStarr氏は言う。「2005年では遅すぎる。競争企業に対するキャリアの立場が強くなり、またライバル会社に買収で先を越されないためにも、一つの合併が別の合併が引き起こす。」通常、キャリアを買収するほうがネットワークキャパシティーを構築するより安上がりで手っ取り早いため、合併の魅力は大きい。

プローブグループ社の調査レポート「米国キャリアの不振」では、米国のキャリア市場における合併の可能性について考察している。またケーブル会社を含む米国キャリアのタイプ別の財政状況を掲載している。このレポートはプローブグループ社が提供する年間サブスクリプションサービス「US Competitive Service Markets」シリーズの一環で、米国通信市場の分析と現状を提供する。


◆調査レポート「米国キャリアの不振」
(リンク »)

◆プローブグループ社について
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せは下記までお願い致します。
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR