着々と成功を掴んでいるMEMS業界

株式会社データリソース 2004年07月06日

ベンチャー投資資金は2004年の上半期だけで2003年1年間分を既に超える金額になっており、既存のMEMS機器を使用した新しいアプリケーション探しと新しいMEMS市場への強気な進出を続けている。 インスタット/MDR社では、MEMS業界における収益が年平均成長率13.1%になると予測し、この勢いは今後5年間続くと見ている。

2003年上半期にはMEMSサプライヤは全く期待されていなかったにもかかわらず、2003年第3四半期に景気が大幅に上向きになり、この好景気は2004年上半期まで続くとインスタット/MDR社では予測している。インスタット/MDR社では、今後6ヶ月間このまま続けば、2004年はMEMS業界にとって当たり年になると考えている。

インスタット/MDR社の上級アナリストMarlene Bourne氏は次のように述べている:
「ベンチャー投資資金は2004年の上半期だけで2003年1年間分を既に超える金額になっており、顧客の動きも活発になっている。また既存のMEMS機器を使用した新しいアプリケーション探しと新しいMEMS市場への強気な進出を続けている。更に良いことは、この分野の知名度が上がることで、消費者の製品とソリューションに対する関心が高くなることである。」インスタット/MDR社では、収益が年平均成長率13.1%になると予測し、この勢いは今後5年間続くと見ている。

この調査報告書では2003年について次のことを明らかにしている。
- 出荷台数は前年比で2002年から2003年の間に8.2%増加した。収益は35.7%の増加だった。
- マイクロフルイディクスは全体のほぼ50%を占めており、収益では3分の1を占めている。
- 収益の86.7%はMEMS機器サプライヤの上位20社で占められている。
- この分野への新規参入社数は、新興企業の倒産社数を12対1以上の割合で上回っている。

インスタット/MDR社の調査レポート「2004年 MEMS産業:概観と予測」では、様々な市場動向とMEMS業界がより大きな成功へと導かれている要因について調査している。
また次の項目についても調査している。
o ベンチャー投資資金
o 買収
o 倒産
o 新しいビジネスモデル
o MEMSメーカー

MEMサプライヤの2003年トップ20社のランキングの他に、製品化された機器とそれを提供する企業の豊富なリスト(企業の所在地を含む)が提供されている。また2008年までのMEMS機器と市場予測も提供されている。


◆調査レポート
2004年 MEMS産業:概観と予測
(リンク »)

◆インスタット/MDR社について
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR