携帯電話にNFC(短距離無線通信技術)が搭載

株式会社データリソース 2004年07月15日

米国の調査会社ABIリサーチ社ではNFC市場はNFCチップ搭載のスマートフォンと、2005年以降に登場する高機能携帯によって形成され、2009年までに、市場シェアは50%を超えると予測している。

「思い描いてみてください。携帯電話を持って街を歩いていると、行きたかったコンサートのポスターが目に止まる。そこでスマートカード内蔵の携帯電話をポスターに近づけると、チケット予約のサイトにアクセスできる。その後、コンサート会場で友人と落ち合う。お互いの携帯電話を近づけると、予約したチケットを受信できる。そして携帯電話を入口のカードリーダーに近づけて、すぐにコンサートホールへ入ることが出来る・・・。」

これは、SFの話だろうか?―いや、現実の話である、とABIリサーチの主席アナリストErik Michielsen氏は主張する。同社の調査レポート「短距離無線通信技術市場」は、前述のような話がもうすぐ現実になると明らかにしている。またMichielsen氏は、「私達は新しい携帯電話の登場がNFC市場を活気づけると予測している。ABIリサーチは、NFC市場はNFCチップ搭載のスマートフォンと、2005年以降に登場する高機能携帯によって形成されると理解している。2009年までに、市場シェアは50%を超えるだろう。」と述べる。

NFCフォーラムを設立したPhilips社がいう様に、NFCは携帯電話を“世界共通の取引手段”に変えることになる技術であり、「P2P通信の売上げと流通モデルは、NFCの長期的なプランにおいて重大な要素である」とMichielsen氏は説明する。

ABIリサーチは、SonyやPhilips、Nokia等、NFCの開発を最優先している企業は、新技術だけでなく、既存の技術にもNFCを搭載しようとしているのではないか、と分析している。そのため彼等は、NFCの従来の標準規格に、後方互換性を追加したのだろう。またNFCは、ブルートゥースやWi-Fiなどの短距離D2D型通信技術の原点とも言える。

ABIリサーチの調査レポート「短距離無線通信技術市場」は、変動する世界のNFC市場について、その規模や成長傾向、市場参入の好機なども検証している。

◆調査レポート
短距離無線通信技術市場
(リンク »)


◆ABI リサーチについて
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR