ワイヤレスブロードバンド技術の世界市場

株式会社データリソース 2004年07月27日

WiMaxとモバイルワイヤレスブロードバンドアクセスの公開キャンペーンに参加する予定のベンダのプロフィールを掲載する。また、キャリアとネットワークオペレータの試作品も検証している。

ワイヤレスブロードバンドアクセス機器ベンダは、製品の基礎的な技術をすでに標準化している。プローブグループ社の調査レポート「固定、ポータブル、モバイルワイヤレスブロードバンド機器ベンダ」は、こうしたベンダの製品について分析している。

プローブグループ社のディレクターAlan Director Mosher氏は、「ベンダは現在、NLOSワイヤレスブロードバンド技術を提供している。ベンダは、デスクトップ型やPCMCIAのカードアンテナを使ってエンドユーザーがPnP(プラグ&プレイ)接続可能になる、OFDM(直交周波数分割多重)とCDMA(符号分割多重接続)技術を使用している。それは、トラックロールに関するネットワークオペレータの問題を解決し、ユーザーにデバイスポータビリティを提供できる」と述べている。

プローブグループ社の同レポートは、WiMaxとモバイルワイヤレスブロードバンドアクセスの公開キャンペーンに参加する予定のベンダのプロフィールを掲載する。また、キャリアとネットワークオペレータの試作品も検証している。このレポートは、「WISNプログラム」の一環であり、ワイヤレス接続における最新の世界市場を分析している。

◆調査レポート
固定、ポータブル、モバイルワイヤレスブロードバンド機器ベンダ
(リンク »)

◆プローブグループ社について
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR