復活する世界のモバイル加入者市場

株式会社データリソース 2004年08月09日

世界のワイヤレス加入数は確実に増加しており、2009年までに25億人を突破し、CDMA(CDMAとWCDMA)がGSMより遥かに多くの加入者と高い市場シェアを保持する

インスタット/MDR社は、数年間の停滞後、世界のワイヤレス加入数は確実に増加しており、2009年までに25億人を突破すると明言している。
世界中に通信衛星システムが普及し、従来のエアリンク技術からシフトする人が増える2007年頃までGSMは順調であるが、インスタット/MDR社のシニアアナリストKen Hyers氏は、「2008年以降GSMは厳しい時期を迎える。加入者がWCDMAにシフトするにつれ、GSMは衰退していくからだ。GSM(GRPSとEDGEも含む)は主要なエアリンクとなるが、2009年にはCDMA(CDMAとWCDMA)が、GSMより遥かに多くの加入者と高い市場シェアを保持する」と述べる。

 その他の調査結果は以下の通りである。

  ・中国が世界最多の加入者数を誇るが、インドを含む南アジアを中心とした地域でも普及は進んでいる。中国での増加が緩やかになるにつれて、インドが好転し始める。

  ・ヨーロッパの加入数は緩やかに増加し続けるが、スカンジナビア3国(世界で最初にワイヤレス市場が成熟した)と西ヨーロッパでは失速している。

  ・アメリカでは、Nextel社だけがiDENを採用し成功しているが、 iDENネットワークは徐々に衰退するため、加入者は他のエアリンク(殆どがCDMA)にシフトする。

 インスタット/MDR社のレポート「2004-2009年 世界のモバイル加入者予測:Growth Returns?」は、2003年の加入者数、2004-2009年のワイヤレス加入者の世界予測を国・地域・エアリンク別に提供する。それぞれの国・地域での加入者数の増減や、どのエアリンクが普及しているか等の動向が一目瞭然であり、オペレータやインフラ・携帯電話機メーカー、モバイルソフトウェアディベロッパ、投資家には必読のレポートである。インスタット/MDR社は、世界のモバイル市場予測を年2回発行し、最新のデータと市場動向を提供している。

◆調査レポート
2004-2009年 世界のモバイル加入者予測:Growth Returns?
(リンク »)

◆インスタット/MDR社について
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR