大きなオポチュニティーを提供するファーストマイル

株式会社データリソース 2004年08月24日

家庭向け光ファイバーと光ファイバー事業に投資すれば、新しいサービスと高速転送によって多額の収益が得られる可能性がある。

キャリアにとっては、いわゆるファーストマイルとしてのアクセスネットワークにどのようなアーキテクチャを採用するかによって、提供するサービスや関連する経済分野が左右される。プローブグループ社の調査レポート「アクセスの徹底調査」では、FRBOC(旧ベル系地域電話会社)とその他のキャリアの光ファイバー、銅線、無線アクセス技術の利用、IP、DSL、イサネットに関連のあるプラットフォーム、サービス、経済、技術的な論点を考察している。「1980年代後半から光ファイバーは現実的な話ではなくなっている」と、プローブグループ社の米国キャリア調査の副社長を務めるLynda Starr氏は言う。「FRBOCは、家庭向け光ファイバーと光ファイバー事業に投資すれば、新しいサービスと高速転送によって多額の収益が得られると期待している。そしてケーブル会社などの他のサービスプロバイダは、顧客とアクセスラインの収益を失うと考えている。」

プローブグループ社の調査レポート「アクセスの徹底調査」では、光ファイバにおけるFRBOCのイニシアチブ、様々なタイプのDSL、イサネット、光ファイバー/同軸ハイブリット(HFC)から無線に及ぶ高度なサービスを提供する多種多様なプラットフォームを考察している。また主要なキャリアを考察し、ケーブル会社と電気通信会社の戦略を比較している。このレポートはプローブグループ社が提供する年間サブスクリプ
ションサービス、「US Carrier Strategies and Markets」シリーズの一環で、米国通信市場の分析と現状を提供する。

◆調査レポート
アクセスの徹底調査
(リンク »)

◆プローブグループ社について
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR