モバイル通信企業市場は2009年までに1770億ドルの規模に-しかしオペレータも成功を求めて戦う

株式会社データリソース 2004年08月31日

モバイルビジネスユーザーをターゲットとしたビジネス向けのモバイル音声サービスソリューションは今後5年間で4倍の成長を遂げ、2009年には総収益の約40%を占めてこの市場の成長を牽引するとARCグループ社では予測している。

英国の調査会社ARCグループ社の「モバイル通信企業調査」レポートによると、モバイルサービス提供企業の市場規模は世界全体で1770億ドルに達するという。
様々なサービスが混在する中でモバイル音声サービスが重要な部分を担っていくと見られており、モバイルビジネスユーザーをターゲットとしたビジネス向けのソリューションは今後5年間で4倍の成長を遂げ、2009年には総収益の約40%を占めてこの市場の成長を牽引することになるだろう。
このようなソリューションは、モバイルバリューチェーンにおける他のプレーヤのように、主にコンテンツプロバイダやシステムインテグレータによって牽引されており、協力関係と提携が成功のカギとなっている。データ通信そのものだけではオペレータにとって大きな収益源にはならない。

このレポートの主執筆者であるRichard Jesty氏は次のようにコメントしている。
「データトラフィックが音声以外のサービス(non-voice)の収益のうちのほんのわずかの割合しか占めていない場合には、オペレータは企業向け市場での足場を築く必要がある。さもないと第一線から外れる危機に直面することになる。」
この調査レポートは通信業界のプロへのオンライン調査で、このような位置付けをし直す必要があるという重要な発見をした。また来年以降、ビジネス界が企業向け市場の発展をどのように考えているかについて価値のある洞察を得ることが出来た。調査回答者が現在一番影響力のあるのはモバイルネットワークオペレータをと考えている一方で、2009年までに情勢は大きく変わり、コンテンツプロバイダのような他のプレーヤがモバイル企業市場で一番影響力を持つと考えられている。

このようなプレーヤはライセンス供与や統合が収益の大半を占め、今後成長する可能性があるサポートサービスを携え、成功のカギとなるモバイルビジネスユーザーがいる市場分野に本気で取り組むだろう。中期的には中小規模の企業がモバイル企業市場で一番成功すると見られている。ネットワークオペレータは実現した場合の見返りを得る為に、大企業顧客のモバイルソリューションへの理解に力を入れるとARCグループ社は予測している。


◆調査レポート
モバイル通信企業調査
(リンク »)

◆ARCグループ社について
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR