停滞後2008年に浮上する無線基地局市場

株式会社データリソース 2004年09月10日

2008年にデータサービスの需要が高まり始め、新しい基地局の設置台数は僅かに上昇するとインスタット/MDR社では考えている。

2003年は無線基地局市場にとって過渡期だったが、2004年には様々なことが実現されるとインスタット/MDR社は報告している。世界のキャリアはこの数年間延期してきた計画を積極的に実行に移し、消費者の関心も高まっている。2004年には物価圧力と周波数帯効率の向上によって、世界の無線基地局の収益は2003年比で14.4%減少し、基地局の実数は2003年の32万9483台から僅かに増加し、2004年に33万3876台になると予測されている。

2003年から2008年にかけて新しい基地局の設置台数は減少するが、2008年にデータサービスの需要が高まり始め、僅かに上昇するとインスタット/MDR社では考えている。「基地局の技術が向上すれば、新しい基地局の需要は低下する。また、最近の基地局のほとんどが交換する必要がない。基地局は今までどおり今後も長期間に渡って運営されるだろう。
どちらかと言えば、新しい基地局への需要は過去最高に達した加入者数の増加や、無線データサービスの需要の高まりに対処するために必要なキャパシティが大きな要因となっている」と、インスタット/MDR社の主席アナリストであるAllen Nogee氏は言う。

インスタット/MDR社の調査結果を以下に挙げる。

・2008年までに、W-CDMA(Wideband Code Division Multiple Access)は世界の基地局の23.1%を占める。またGSM(Global System for Mobile communications)の割合は61.5%だが、これは比較的短期間に普及するW-CDMAと比べて大きな数値である。

・世界の3G利用者は1500万人を超える。これは世界人口の100分の1に過ぎないがスタートは好調だった。米国ではSprint、Verizon、AT&T Wirelessが3Gサービスを開始したが、スタート時点ではサービス提供地域は限られている。

インスタット/MDR社の調査レポート「無線基地局市場の5年間予測:停滞期を終えて成長期へ」では、基地局の技術および設置についての動向を考察している。また新しく設置される無線マクロ基地局や既存の無線マクロ基地局、基地局の収益の概算と予測値を提供している。また地域別のデータ(米国、カナダ、中南米、東ヨーロッパ、西ヨーロッパ、日本、世界の他の地域)と最新技術 (GSM、TDMA、PDC、CDMA、W-CDMA)に
ついて記載している。

◆調査レポート
無線基地局市場の5年間予測:停滞期を終えて成長期へ
(リンク »)

◆インスタット/MDR社について
(リンク »)


◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR