燃料電池車の市場予測を大幅修正

株式会社データリソース 2004年11月02日

水素燃料補給所のネットワークインフラ整備が不十分であるという問題の為、燃料電池車の展開は進まない。

ABIリサーチは、水素燃料電池車の市場予測を大幅修正した。

ABIリサーチ社エネルギー部門のディレクターAtakan Ozbek氏は、我々はこの市場を年間を通じて徹底検証し、技術開発にともなう重要な動向を分析する。最新の予測は大幅に下方修正せねばならない。」と述べる。

伸び悩みの理由は、燃料電池そのものにある訳ではない。「市場統合、燃料電池用メンブレンの開発、コスト削減に関してそれぞれ改革が必要だが、これからは順調に進むだろう」とAtakan Ozbek氏は主張する。

ところが水素燃料補給所のネットワークインフラ整備が不十分である、という問題がある。これでは燃料電池車の展開は進まない。(水素インフラは、ABIリサーチ社の新たな調査課題といえる。)

確かにカリフォルニア州やそれ以外の地域にも燃料供給所はある。例えばCUTE(Clean Urban Transportation for Europe)プロジェクトにより、9つのEU主要都市で供給所が設置される。

しかしAtakan Ozbek氏は、エネルギー関連会社の技術協力を得た、国家・地方機関の明確な政治公約がなければ、本格的な市場成長は遂げられないと述べる。

例えば、日本は2010年度までに5万台の燃料電池車を普及させるという、非現実的な目標を設定したが、それでも不十分である。もし政府が大型車の10%を燃料電池車へ移行させるというロードマップを発表したら、それは世界に向けての強烈なメッセージとなる。

さらにAtakan Ozbek氏は、中国が2008年の北京オリンピックに向けて、燃料電池車の大幅導入を目指していると強く確信している。しかし石油不足は明らかなのにもかかわらず、政府が燃料電池車という未知の分野への投資を未だ躊躇している。

ABIリサーチの調査レポート「自動車用燃料電池」は、エンドユーザーアプリケーション(乗用車、バス、トラック、ニッチな車種)別に、最新の予測分析を地域別に提供する。

◆調査レポート
自動車用燃料電池
(リンク »)

◆ABI リサーチについて
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR