政策とユーザーの需要が発展を後押ししている中国の無線市場

株式会社データリソース 2004年12月20日

中国は年間2000億人民元(約240億USドル)を超える設備投資を行っている。

中国の電気通信市場は世界で最も速いスピードで成長を続けている。13億の人口と先進的な経済、規制政策によって、中国の電気通信市場がアジア太平洋地域の中心になることを目標として、中国は年間2000億人民元(約240億USドル)を超える設備投資を行っている。インスタット/MDR社によると、政策とエンドユーザの需要に刺激されて発展している無線通信に注目すべきだという。中国の無線市場への海外からの投資に対する政府の精査は厳しいが、インフラ、サービス、機器の共同出資は非常に活発である。

インスタット/MDR社はまた、次のような調査結果を明らかにしている。

固定および無線電話加入者数は、2004年の上半期、固定電話の加入者数は2億9000人、無線電話加入者は3億1000人に達し、合計6億人を超えた。
3Gの普及が技術的な問題と市場での課題に直面しているために、中国の政府関係者は3Gの開発には保守的な態度である。3Gの実験結果が大幅な売上高アップにつながるかは、市場の需要、3Gのライセンス供与のスケジュールと適用範囲、TD-SCDMAの完成度にかかっている。
China Unicomが瞬く間に世界で二番目に大きいCDMAオペレータになるなど、CDMAは中国で力強い成長をしてきた。GSM、CDMA、3G間の相互接続は政策立案者が注目する重要ポイントの一つである。
"小さくて賢い"PHS(The Little Smart Personal Handyphone Service)は無線サービスの価格決定において大きな影響を与えるなど、中国の電気通信市場での勢力を維持している。
技術面での長期的な将来性に疑問が投げかけられている原因のひとつに、プラットフォームの信頼性の問題とライセンス供与の遅れがあり、中国でのTD-SCDMAの将来性は不透明だ。
インスタット/MDR社の調査レポート「中国の無線通信:規制環境」は、活況な中国市場の無線の公共政策を知る上で必須の手引きとなっている。

このレポートの提供内容は次の通り

○中国の電気通信サービスの市場分析 ◇ 固定回線 ◇ 無線通信
  ◇ ブロードバンド ◇ PHS

○無線規制政策の包括的評価 ◇ 通信会社の管理と方針 ◇ 通信会社のサービス分類
  ◇ 製造ライセンス規制 ◇ ネットワークアクセス機器規制
  ◇ 周波数スペクトル管理 ◇ 3G技術の検査とライセンス供与
  
○中国の電気通信市場における海外投資に関する政策と法分析

◆調査レポート
中国の無線通信:規制環境
(リンク »)

◆インスタット/MDR社について
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR