企業市場で広まりつつあるVoIP

株式会社データリソース 2004年12月21日

大規模な企業へのVoIPの普及が、大幅に伸びているという。

VoIPを利用している企業が、2003年の3%から2004年には12%に増加し、米国の企業におけるVoIPの利用がこの1年間で大きく広まったと、インスタット/MDR社は報告している。インスタット/MDR社の調査結果によると、比較的規模の大きな企業への普及が大幅に伸びているという。今年末までにVoIPの普及率が中規模企業で34%、大規模企業では43%になると、インスタット/MDR社は予測している。

「VoIPへの移行に対する考え方は企業によって異なっている」とインスタット/MDR社のアナリストDaryl Schoolar氏は語る。「導入時にはある程度カスタマイズする必要がある。そのためサービスプロバイダは、従来のサービス以上にコンサルタント的な顧客アプローチをしなければならない。」

インスタット/MDR社の調査レポートは独自のユーザー調査結果を提供し、次のような調査結果も掲載している。

・ほとんどの企業はVoIPのみを利用するのではなく、音声通信サービスや他の技術を併用する可能性が高い。

・早期に導入しているのは大企業や中規模の企業だが、ベンダは中規模以下の企業を無視することなく、各々の状態にあわせたソリューションを開発しなければならない。

・最近企業では何らかのLANベースの要素を持つVoIPの導入を好む傾向にある。しかしこのような傾向は、VoIPの導入を計画している企業の間では少なくなっているようである。

インスタット/MDR社の調査レポート「2004年 ビジネス向けVoIP:エンドユーザーの見通し」は、米国の企業向けVoIP市場の分析、現在のユーザー統計、予測を掲載している。また、従来のユーザー調査から、ベンダ選択などのデータも提供している。

◆調査レポート
2004年 ビジネス向けVoIP:エンドユーザーの見通し
(リンク »)

◆インスタット/MDR社について
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR