2005年に半導体が再び急落

株式会社データリソース 2005年01月26日

2005年は収益が5.7%ダウンして993億ドルになる。経済成長の勢いが鈍化すれば、業界の低迷はますます深刻化、あるいは長期化するかもしれない。

インスタット社によると半導体市況は再び不況に陥り、2005年は下落の年になるそうである。2004年の年平均成長率27.0%、収益2114億ドルに続いて、2005年は収益が5.7%ダウンして1993億ドルになる見込みだ。

「だが下落はそのうち緩やかになるだろう。2005年は世界経済が成長率4.3%で大きく伸びると予測されるからだ。しかし世界経済のリスク要因もいくつかあげられる。例えば高騰し続ける原油価格、緊張の続く中東情勢、金利の急上昇等である。こうしたリスク要因は経済成長の勢いを鈍化させ、半導体業界の低迷をますます深刻化、あるいは長期化させるかもしれない」とインスタット社マイクロプロセッサレポートの発行者Frank Dickson氏は言う。

インスタット社は、他にも次のような調査結果を得た。

・2006年に成長が再び始まり2008まで続く。そして2009年、再び緩やかな減退が始まる。

・ほとんどの新製品がユーザー志向であり多種多様である。しかしどんな新製品もPCや携帯端末に匹敵するほどの起爆剤とはならない。

・市場の多様性によって業界の収益は安定する。

インスタット社の調査レポート「半導体製品市場予測:下落傾向へ」は、世界経済の見通し、半導体市場予測と潜在性を検証する。5年間予測は、地域別、主要製品の種類別に掲載する。このレポートは、2003年10月に出版されたインスタット社のレポート「セミコンダクター製品市場予測調査:市場は上向き」の最新版である。

◆調査レポート
半導体製品市場予測:下落傾向へ
(リンク »)

◆インスタット社について
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR