2005年に現実のものになるホームメディアネットワーク

株式会社データリソース 2005年03月16日

家庭におけるメディアネットワーキングの接続は2005年の5000万から2009年には2億へと、年平均成長率29%で増加する。

技術標準の開発と消費者教育は未だベンダにとって大きな課題であるが、だんだんと軽減していき、メディアネットワーキングは2009年まで順調に成長を続けるだろうとインスタット社は報告している。家庭におけるメディアネットワーキングの接続は2005年の5000万から2009年には2億へと、年平均成長率29%でどんどん増加するだろう。この成長は主に、スタイルや機能的にリビングルームに適したメディアセンターPCを提供しているPCメーカーによるものである。

インスタット社の調査レポートは、下記についても言及している。

・メディアセンターPCは、まだ高感度ユーザー向けと考えられているが、インスタット社はこのようなメディアハブ機能は3年以内にほとんどすべてのPCで標準になると考えている。

・市場の成長にもかかわらず、多くの技術的な問題は残るだろう。たとえば、次世代ワイヤレス規格(802.11n)は2006年まで未完成のままだろう。

・メディアネットワーキング技術の標準化が整っていなくとも、認知度を高め、ユーザーのニーズや製品の需要を醸成していかなくてはならない。

インスタット社の調査レポート「メディアネットワーキング2005:ネット接続リビングルームが現実に」は、メディアネットワーキング機器の世界市場を、導入、出荷数、収益、PHY接続ベースで予測する。またメディアネットワーキング技術の標準とベンダのプロフィールも記載している。

◆調査レポート
メディアネットワーキング2005:ネット接続リビングルームが現実に
(リンク »)

◆インスタット社について
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR