成長を続けるオープンスタンダードシャーシ市場で発展するAdvancedTCA

株式会社データリソース 2005年03月30日

米国インスタット社では、2004年には2億2100万ドルだったOSC市場でのAdvancedTCAが、2009年には数十億ドルになると予測している。AdvancedTCAとOSC市場全体の牽引役は数多く存在し、最近ではコスト削減の可能性が高さから、ネットワーキング機器におけるOSCに魅力を感じている通信プロバイダが牽引役となっているという。

アリゾナ州スコッツデール、2005年3月23日
インスタット社は、AdvancedTCAは、今後数年間に着実に成長を続けるオープンスタンダードシャーシ(OSC)市場に影響を与えるようになるだろうと見ている。2004年には2億2100万ドルだったOSC市場でのAdvancedTCAが、2009年には数十億ドルになるとインスタット社は予測している。AdvancedTCAとOSC市場全体の牽引役は数多く存在する。最近ではコスト削減の可能性が高さから、ネットワーキング機器におけるOSCに魅力を感じている通信プロバイダが牽引役となっている。

「標準シャーシを推奨する企業は、ほとんどがチップメーカかネットワーク機器プロバイダ(NEPs)である。しかし、これらのスペックによって経費が改善されることがわかれば、サービスプロバイダはこれらの規格に対応し始めるだろう」とインスタット社のアナリストEric Mantion氏は言う。

インスタット社はまた、次のような調査結果を明らかにしている。
- OCS市場には、CompactPCIやCompactTCA、MicroTCA、IBMのBladeCenterなどのAdvancedTCA以外にも、数多くのプラットフォームがある。
- さらにOCSにとって楽観的な環境としては、商業用シリコンメーカはこのプラットフォームを皮切りに、過去数年にわたって期待されていた開発時間の短縮を実現する可能性があるということがあげられる。
- 標準のハードウェアを使えば機器の製作はより容易になり、サービスプロバイダのコストは削減でき、より多くの利益を生み出すことができる。
- 通信市場がAdvancedTCAの最重要市場と目されていたが、軍、医療、生産業、企業市場などでの普及も始まっている。

インスタット社の調査レポート「徐々に勢いをみせるAdvancedTCA市場」は、様々なタイプのネットワーク関連機器への標準シャーシの普及について調査している。2009年までの標準シャーシの成長に関する予測も含まれている。個々の市場における予測値は、市場全体の製品の収益予測と標準シャーシの市場浸透率から算出している。


◆調査レポート
徐々に勢いをみせるAdvancedTCA市場
(リンク »)

◆インスタット/MDR社について
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR