デジタルTV市場で活躍するアジアのベンダ

株式会社データリソース 2005年04月19日

米国インスタット社は、アジアのデジタルTVの出荷台数は2004年の1040万台から倍増して2008年に2880万台になると報告している。

アリゾナ州スコッツデール、2005年4月11日
アジアのデジタルTVの出荷台数は、2004年の1040万台から倍増して2008年に2880万台になるだろうとインスタット社は報告している。アジアで最も市場規模が大きいのは中国、日本そして韓国である。中国は世界で最大のTV市場を誇る。液晶テレビが世界で一番発達しているのは日本である。韓国のベンダは世界のプラズマ液晶パネルの出荷台数が最も多く、プラズマテレビのパネルの製造を日本と競っている。
「日本は長い間TV市場をけん引し、Sony、Sharp、Panasonic、Sanyo、Toshiba、Hitachiなどの世界ブランドが誕生した」とインスタット社のアジア太平洋調査の代表取締役であるRudy Teng氏は言う。「最近の韓国ではハイエンドのブランドであるLG電子とサムスン電子が活発なプロモーションを行い、中国ではTCL Chang Hong, Konka、Skywort等のブランドが中小規模の市場を独占している。また台湾のBenQ, TecoとSampoが市場に新しく参入しており、デジタルTV市場ではアジアの国々が活躍している。」

インスタット社の調査結果を以下にあげる。

-アジア地域の市場規模は2004年に142億ドルに達した。内訳は33億ドルがデジタルCRT、42億ドルがRP TV、18億ドルがプラズマテレビ、50億ドルが液晶テレビである。
-アジアは人口が多く、世界で最もTVの利用が多い市場である。2004年、中国のアナログおよびデジタルTV市場全体の出荷台数は3500万台を超えた。
-世界でデジタルTV市場の成長が最も期待されるのはアジアである。

インスタット社の調査レポート「アジアで伸びるデジタルテレビによる収益:For Your Viewing Pleasure」は、日本、韓国、中国、台湾、他地域の市場の発展と主要なプレイヤや競争等のアジアのデジタルTV市場を分析している。また2008年に渡るアジア地域のデジタルTVの出荷台数と収益を予測している。

◆調査レポート
アジアで伸びるデジタルテレビによる収益:For Your Viewing Pleasure
(リンク »)

◆インスタット社について
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR