自動車用のオペレーションシステム

株式会社データリソース 2005年05月12日

米国の調査会社ABIリサーチの最新市場調査レポートが刊行されます。 5月出版予定です。

これまでの数年間は、自動車用のソフトウェアはエンジンのコンピュータに使われる数キロバイトのコードぐらいだった。現在、ナビゲーションとインフォテインメントがダッシュボードに搭載されて注目を集めており、安全性、経済性、排ガス規制によってエンジン管理の必要性が高まっている。また安価でパワフルなプロセッサは豊富にある。これらの要素が全て、自動車用ソフトウェアの初期市場に貢献しており、その複雑にもかかわらず自動車メーカーとティアワン企業は商業用ソフトウェアの開発期間を短縮しようと努力している。
ABIリサーチの調査レポート「自動車用のオペレーションシステム」は、自動車用ソフトウェアの競争的な環境を記載しているが、まずオペレーションシステムを確立してから、自動車のネットワーキング、ナビゲーション、メディアプレイバック、デジタル権利管理、ライセンシングとバンドリングの枠組みを目的とした競合に移行している。
この調査は既存の業務提携を分析して、今後何が必要かを論じている。また、Linuxの潜在的な価値とその他のオープンソースプロジェクトを考察し、インフォテインメントの普及、主要市場の予測、32ビットのマイクロプロセッサ、携帯用娯楽機器とDRMの消費者の利用状況を記載している。

◆調査レポート
自動車用のオペレーションシステム:インフォテインメント、パワートレイン、安全用ソフトウエアのDRM、ミドルウエア、開発ツール
(リンク »)

◆米国ABIリサーチについて
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR