802.15.4市場は2009年まで200%成長の可能性

株式会社データリソース 2005年06月14日

米国の調査会社インスタット社の予測では、802.15.4市場(無線PAN技術かPANとZigBee仕様のネットワーク層)に大きな市場成長の可能性がある。

802.15.4市場(無線PAN技術かPANとZigBee仕様のネットワーク層)に大きな市場成長の可能性があるとインスタット社は予測する。強気に見れば、802.15.4ノード/チップセットは、2004年から2009年まで年平均成長率(CAGR)200%で成長し、2009年の出荷数は1億5000万ユニットを上回ると予測している。

「ZigBee1.0仕様の最終的な調印が行われた2004年12月、ZigBeeアライアンスは1つの大きな目標を達成した。802.15.4とZigBeeの標準化は、アライアンス参加企業に非常に大きな利益を約束するものであるといえる。もし標準化の作業が長引いたとしても、802.15.4とZigBeeは、様々なシリコンのソースやZigBeeネットワークレイヤのサプライヤのメニューをOEMに提供する。さらに、価格競争とベンダとの提携においても有利である」とインスタット社の調査ディレクターで主席アナリストのJoyce Putscher氏は語る。

インスタット社の調査レポートは以下について述べている。

- この安価で、低出力、低速ネットワーク技術は、原子力発電所からホテルに至るすべての分野における生産管理、ホームオートメーション、商用ビル管理に関連する多くの企業の注目を集めている。住宅向け製品はまもなく市場に現れるだろう。
- 802.15.4市場では、商用ビルコントロールが最大のシェアを獲得すると予測される。
- 同時に、SiP(システムインパッケージ)とSoC(システムオンチップ)ソリューションは、システム/商品開発を促進し、センサネットワークへのこの機能の付加をより低価格で実現するだろう。

インスタット社の調査レポート「住宅向け市場の競争に直面するZigBeeによって揺れ動く802.15.4SoC/SiP」は、世界の802.15.4市場をカバーし、チップセットの出荷ユニット数、材料の平均価格、チップセット収益についての標準的および強気の予測シナリオを提供する。 また、主なベンダプロフィールを記載する。

◆調査レポート
住宅向け市場の競争に直面するZigBeeによって揺れ動く802.15.4 SoC/SiP
802.15.4 SoC & SiP Surge as ZigBee Faces Residential Competition
(リンク »)

◆インスタット社について
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
Eメール:info@dri.co.jp
(リンク »)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR